ある程度、業が晴れてくるとどうなるか。またワールドメイトの「北極免因超修法」で業を晴らすとは。

ある程度業が晴れてくるとどうなるか、「神仏のことがわかる本」より。

神業を続けていくうえでのターニングポイントを経て、ある程度業が晴れてくると、どうなるかというと、善き思いが速やかに成就するようになっていく。つまり、神様にお願いをすれば、すぐに現実になって、現れるようになるのだ。自分のことでも人のことでも、お願いすればそのとおりの結果が出る。

では、どれくらい神業を続ければ、そういう状態になるのか。それは個人個人の業の深さによって違ってくるので、一概には言えない。

ある朝起きたら、業が晴れていたというようなことはない。少しずつ少しずつ、薄紙をはがすように晴れていくのが業というもので、その人のレベルに合わせて、最も効果的に業をはらすことができるように、神様がスケジュールを組んでくださるのである。それを守護霊様を中心とした守護霊団が進行管理し、様子をみながら教育的指導を具体的に与えリードしていってくださるのだ。

そうして、五年、十年と神業を続けていけば、次第に業が晴れていって、幸福を享受できるようになっていく。幸せだと思うような人との出会い、幸せだと思えるような仕事というのが、知らず知らずのうちにもたらされるようになっていくのである。

どうせ晴らさなければいけない業ならば、若いうちに晴らしてしまった方がいい。覚悟を決めて、何があっても「不昧因果」の気持ちで積極的に臨んでいけば、御魂を鍛えられる。そのぶん実力がついていく。そして自分に自信がついていくことだろう。その経験を生かして、世のため人のために大きな仕事に挑んでいただきたいと思うのだ。


神様は、神業を続けている姿勢や徳分を養成していいるのをご覧になって、業を縮小してくださることは、以前に述べた。これ以外に業に向き合う方法として、考え方の工夫次第で苦しみを楽しみに変えながら業を取ること、また常に明るく前向きに物事に立ち向かうことで業が払われるスピードが速くなることなどがある。

また、ワールドメイトには、「北極免因超修法」という先天の世界の災いを消す、根本的な解決策が北極神界から降ろされている。深見東州氏がお元気で体力的に余裕のある今だけ受けることのできるものであり、神様から許されたぶんだけ個人の劫と家代々の劫を消し去ってくださるお取り次ぎだ。

「北極免因超修法」は、神様が業を縮小してくださる特例バージョンといえるだろう。それは神様から愛される特別なる存在であり、肉体的、精神的、霊的にも過酷を極める深見東州氏のお取り次ぎの賜物であるとうかがっている。

ワールドメイト会員ならば、この「北極免因超修法」を受けるチャンスを逃す手はない。私も毎回感謝して「北極免因超修法」の申込みをしている。
by 2nike | 2015-08-11 20:06 | 神仏のことがわかる本
<< ワールドメイトの先祖供養のお取... 不昧因果の境地に学ぶも、なお艱... >>