金しばりにも効く北極星のパワーコール

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


ここで紹介するパワーコールで、北極星のパワーコールは三種類になった。
以下は深見東州氏の著書「強運」より。

「ホンボラ ソモビル フルフルフル」
これは覚えやすい。しかも、誰もが一度や二度は経験した、あの金しばりに効果がある。今夜からでもさっそく、パワーコールして、金しばり霊を追い出してしまおう。

やり方はすごく簡単。「ホンボラ ソモビル フルフルフル」を連続して唱える。三六回ほど唱えればいいのだが、あまり数にこだわる必要はない。天空にキラキラと輝く北極星とタイロス神をイメージして、パワーコールすればよい。

神霊的にこの様子を眺めると、口から出た言葉(言霊という)が、悪霊を祓う神秘なウズとなって広がり、守護霊が合体して、体にまとわりついている小悪魔どもを蹴散らしているのがわかる。

パワーコールして、早い人だとものの数秒で、金しばりがはずれる。ただし、このパワーコールも他と同様、確信して唱えないと効果がない。

悪をくじき、愛と正義に生きるマンガ「北斗の拳」の主人公・ケンシロウ。肉体的パワーもすごいが、それより精神的な力も絶大、悪漢どもを次々と倒していく。マンガの原作者も、そのマンガを見る人も気がついてはいないだろうが、ケンシロウのパワーは、北極星パワーを象徴したものなのだ。強い信念が恐るべきパワーを発揮する様は、まさに北極星パワーそのままだ。

大ヒットした映画「スター・ウォーズ」シリーズでも、北極星パワーは大活躍した。主人公のルークが悪の化身・ダースベーダーと闘うために身につけた「フォース」は、なんと念力だった。「確信すること」が、念力を磨く方法とされ、ダースベーダーも、強力なフォースを保有する元宇宙戦士の一人、というのが映画のストーリーだ。

昔から、この世は神霊世界の「現(うつ)し世」だといわれているが、「北斗の拳」や「スター・ウォーズ」は、実にうまく北極星神界のパワーを表現している。ほとほと感心するばかりだ。

「センテン ナム フルホビル」は、北極星のタイロス神の使者を呼ぶパワーコール。「ウンテン トーボー エータートー」は、北極星神界の徐災招福パワーを呼び込むパワーコール。「ホンボラ ソモビル フルフルフル」は、ケンシロウのように魔を祓う大パワー。この三つでしっかり幸運を呼び込もう。






ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2015-10-09 22:42 | 強運
<< 太陽の幸運パワーを授かるための... 不動明王のパワーコールで「イジ... >>