人間の霊的構造と「天眼通力」。「天眼通力」により予知能力が備わるが、これも先天の修業で開くことが可能

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


一霊四魂(奇魂、和魂、荒魂、幸魂)については、深見東州氏の話の中でよく出てくるので、理解しているつもりだったが、奇魂の大きさが小指程度だという点は見落としていた。本を読み返してよかった。これで確信してイメージの世界に入っていける。以下は深見東州氏の著書「強運」より。

ここで少し、人間の霊的構造について説明しておこう。
人間の体にも頭があり胴があり足や手があるように、霊にもそれぞれの役割に応じて魂(みたま)と呼ばれるものに分かれている。

・奇魂(くしみたま)ー 智を司る。他の三つの魂の総括的立場であり、直感、霊感をもたらす。
・和魂(にぎみたま)ー 親、和、つまり調和を司る。体にあっては内臓を担当。
・荒魂(あらみたま)ー 勇気を司る。筋肉や骨格等を担当。逆に働いて忍耐力となる。
・幸魂(さちみたま)ー 愛情を司る。体の中では情、心の部分を担当する。

以上四つだ。それぞれは独立して存在しているものの、一つの人間の霊には変りがない。つまり、目や口や鼻や耳がついて顔となっているように四つの魂がワンセットで一霊となる。

また、一霊が活動するとき個性が発揮される。つまり、四つのうち、どれかが強調されるとそれが、その人の性格としてあらわれるというわけである。

さて、その中でもメインとなっているのが奇魂。この霊が出入りするのはちょうど額の部分からで、霊の形はその人にそっくり、大きさは小指程度だが、顔形はもちろんのこと、性格発想、すべての面でウリ二つだ。

この奇魂が体を自由に出入りして、霊界や星の神霊世界へも飛び出せるようになることを「天眼通力」が開かれたともいう。これが発達してくると、予知能力はもちろんのこと、過去のできごとや人の霊がはっきり見えるようになる。

ただし、これは本人がいくら努力して開こうと思っても、そうやすやすと開けるものではない。非常に厳しい後天の修業を一生涯積んでも、開けないことが多い。しかし、特別な先天の修業なら、神の直接の許可がおりるので、たちどころに天眼を開くことが可能だ。もっとも、死んでしまえば、いやが応でも奇魂たちは肉体を離れて霊界へ行くことになるわけだが、肉体が朽ちる前に神霊世界をかい間見ることが大切なのだ。

天眼が開けると、神霊界の実相がわかるので、生死を超えた正しい生き方ができるようになる。先に説明した星々の霊的波動ももちろん感じることができるし、邪念さえ出なければ運勢は爆発的によくなる。

そしてなにより、霊界の恐るべきパワーを活用して、人が一〇年かけて完成するべきものを、二、三年で完成させたり、ものごとの先々を鋭く見通すことができるようになるのだ。





ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2015-10-17 16:37 | 強運
<< 霊障に憑依されないように不浄な... 神とのコンタクト方法には2種類... >>