商売を繁盛させ、金運を招来せしめる恵比須流極意

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


深見東州氏の産土神社が西宮神社なので、西宮の恵比須様の功徳の紹介はとても興味深い。深見東州氏が所長をされている菱法律経済政治研究所から出ている本にも、トップを攻め落とすだったか、そのような内容の本があったと思う。

また、たちばな出版から出ている、アニメ「神だのみ入門13」DVD、「21世紀の神物語」に、若い頃の深見東州氏がビジネスマンとしてトップを攻め落とす話もあった。

強い意志を持って、粘りに粘ったあげく最後に鯛を釣り上げるという、恵比須流の商売術の極意について、
以下は深見東州氏の著書「大金運」より。


次は恵比須神についてである。
恵比須という呼び名はひとつでも、そこに充てる漢字はいくつかある。「戎」もえびすと読むし、「夷」もそうである。戎は、外国という意味もあるが、戈(ほこ)で己をいましめるというのが霊的な解義である。

刃の心と書いて、忍と呼ぶのに似ている。夷や胡(えびす)は外国という意味である。この漢字からもわかるように、外国から海を渡ってきた神であり、自分をしっかり、戈で戒めるという意味である。

恵比須様は釣り竿を持ち、手に大きな鯛を抱えておられるが、あの大鯛は、そうそう簡単に釣り上げられるものではない。じっと、何日も何日も、目的の鯛を釣り上げるまで待ち続けた結果なのである。しかも、その間、いつもニコニコして、鯛以外の小魚が釣れても、海にリリースしてあげるぐらいの余裕がないといけない。本当の大物釣り師とは、そういうものである。

そのように自己の信念を太くしなければだめである。そして、いつもニコニコ、辛抱して笑顔を絶やさない―――これを、恵比須様は我々に教えてくださっているのである。西宮の恵比須様は耳が遠いとの風説があるが、実は遠くない。よ~く、人々の声は聞こえるのである。

にもかかわらず、耳が遠いフリをしているのは、「嫌なことを聞いても聞き流す。私、そういうこと知りませんね―」と聞き流す術も併せて示しているのだ。それでなければ、恵比須顔は長続きはしない。これが、つまり商売を繁盛させ、金運を招来せしめる恵比須流極意なのである。

私の知っている、ある大手OA機器メーカーのセールスマンは、この恵比須流出世術で大魚をものにした。その話しを少し紹介しよう。

彼は営業マンとしては中堅クラスであったが、どうしてもあと一歩、飛躍できずに悩んでいた。そこで、この恵比須流をそっと伝受したところ、彼は、それまで、小口の商店や小企業ばかりまわっていたのを、超大手の企業に狙いをつけ、そこを徹底的に攻撃したのである。相手は超大手の企業。すでに他のOA機器メーカーが入り込んでいるため、新規の彼など、最初はどの課も相手にしなかった。

「あんたのところは、いらないよ。もう間に合っているから」

と、耳に痛いことも随分聞いた。が、西宮戎のように「ハアー」とか「なんですか?」と聞こえないフリをしていた。そして、何日も何日も通いつめたある日、
「君は熱心だね。その熱意を買った。今度、新しいOA機器を導入しようと思っているので、君のところの商品を試しにうちの課に入れてくれ」

と相手の課長にいわれたのである。そして、ついにこれを突破口として、その超大手の企業すべての課に、彼の社のOA機器を導入させることに成功したのである。実にアッパレというしかない。しかも、大手企業に喰い込むと波及効果も大きい。

小口の商店や、小企業を攻略しても、それだけのことである。その後のリピートオーダーはあまり期待できない。ところが、超大手に入れば、需要が多いのでリピートオーダーが続くし、ライバルも、自分が最初敬遠したように敬遠しがちなので、深く入り込めばかえって安全なのである。また、関連会社や協力工場にも、同じシステムを売り込むことができる。このセールスマンは見事に”鯛”を釣り上げたのである。

彼が毎日、恵比須神に手を合わせ”必勝祈願”をしていたことはいうまでもない。

楽に攻め落とせるところは、誰でも狙う。が、とうてい無理だと思われるようなところは誰も狙わない。だから、そこが狙い目なのである。しかし、簡単ではない。そこをジッと辛抱して、粘りに粘ったあげく最後に鯛を釣り上げる。これが、恵比須流の商売術なのである。

だから西宮では「戎(えびす)」と書き、戈(ほこ)の如き強い意志を持って、戈を心に抱きて忍耐し、辛抱した者にこそ、ご祭神がほほえみかけるぞということを、「戎」の文字で教え続けているのである。

そういう立派な御神霊がいらっしゃるので、これらの霊的な解義をふまえて参拝してみるとよい。福運は五倍になるだろう。




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-01-18 17:44 | 大金運
<< 昨日発売のAERAに「歌って踊... 今日の朝日の一面は「台湾総統に... >>