信仰心、愛念、秩序、調和、平和の心について

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


愛念のところで、愛念といい霊界に行くための心の三条件について触れているが、説明は省かれている。この点については、以前のエントリーが参考になるのではないだろうか。
ワールドメイトの先祖供養のお取り次ぎが終了した。極楽浄土に行くための心のポイントとは。

以下は深見東州氏の著書「神社で奇跡の開運」より。

【信仰心】

たとえば、美術家にとっての景色の美、形の美、音楽家にとっての音の美も立派な神様なのだ。宇宙創造神の美の側面をとらえているからだ。

神様が持っている真、善、美の一部を、その人が憧れ敬い、生涯かけてそれを会得し表現しようとすれば、それはもう立派な信仰心である。

科学者にとっては、宇宙と自然の真こが信仰である。

では、宗教とは何なのかというと、善の道を追求することである。

どんなに有難いお経や呪文であっても、ただ唱えればいいというものではなく、その人が真の道を尋ね、善の道を極め貫かんとしている前提があって、はじめて経や呪文に妙力が現れることを知らねばならない。逆にいえば、どんな宗教を信じていても、貫き通す精神のない人は、宗教はあっても本当の信仰心はないことになる。信仰心とは、このように広く大きく神というものをとらえて仰ぎ、信じて貫き通す精神のことをいうのである。


【愛念】

キリストは、神は愛なりと言ったが、愛というのは抽象的で意味が大きすぎ、実際にはなかなか掌握できるものではない。そこで、イエスはまず隣人への愛から為せ、と説いたのである。神に通じ、神そのものである愛は、私達一人ひとりの中にその芽がねむっている。

それが愛念という念であり、情感なのである。

隣人への愛というのは、別な意味で表すならば、自らに内在する普遍の愛、そして神なる存在を、愛念を、隣人に対して向けて日々に出す練習をすることによって、一人ひとりが見いだすことができるということだ。

愛念とは、普遍の愛に進むための入り口なのである。


【秩序、調和】

神霊界とは、きちんと秩序だっているものである。春、夏、秋、冬と必ず秩序だってめぐってきて、天地自然の生成化育と自然淘汰の歴史を繰り返している如くである。

いいことをすればいい結果が生まれ、悪いことをすれば悪い結果がでるという秩序がある。この善因善果、悪因悪果の法則こそが、私達の運不運にかかわる一番大きな大秩序だといえよう。

そして、秩序が極まったものが調和である。また、秩序が縦、調和が横ということもできるし、秩序が中と律と法、調和が和と融合とバランスと考えてもよい。秩序も調和があってこそはじめて生きるのである。

調和があれば音楽でも絵でも人間関係でも、相乗効果が出てよりすばらしいものになる。科学と宗教の調和、神霊界と現実界の調和、東洋と西洋の調和、老人と子供の調和というように、調和があってこそ、別々の物事が一つにまとまって、互いを生かし合うことができるのだ。陰と陽の結びと解してもいいだろう。


【平和の心】

信仰心があり、愛念を持ち、秩序があり、調和がとれていても、戦争が起こる可能性がある。戦前の日本がそうだった。日本国民は天皇と神社を崇敬し、天照大御神と産土神をお祀りして、ビシッと秩序だって心を一つにしていたが、これがそのまま戦争へと走ってしまったのである。一つの国の中では、信仰心、愛念、秩序、調和があったとしても、国民と為政者に平和の心がなかったら、一致団結して戦争を起こすことにもなりかねない。

無論、戦争は相手があるからするのであって、火の粉が降りかかってきたら、払わざるを得なくなる。だから、世界の国々の為政者と国民が、平和の心を前に立てて、初めて戦争のない社会が実現されるのである。

戦争によって、通信技術、交通技術は非常に進歩発展した。文明、文化の進歩という点でとらえれば、戦争が善の一面を持っていたことは否定できない。しかし、殺戮は神様の御心に反する。

戦争を好む神様など、いる訳はないのである。

神は、世の進歩発展と、未来の理想社会建設のために、人々が本当の改心と反省をしてくれるその日まで、ただただ涙をのんで忍んでおられるのである。

一切は大愛なるが故である。

だから、人類の努力と叡智によって世界連邦政府が樹立され、地上からまったく戦争というもの種が根絶される日を、神様が一日千秋の思いで待たれていると考えればよい。その時こそが、平和の心の道が恒久に確立される時なのである。




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-02-12 17:24 | 神社で奇跡の開運
<< 誠の五段活用が神様を動かす誠の... 神人合一の道を目指す五大項目 >>