日本の山岳とは、神域と宇宙神界とのパイプ口であり、高級霊たちが住まい集う - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


先日エントリーした、
国家とか民族の才能は、神界との深いつながりをもっている - ワールドメイトの備忘録の「神社で奇跡の開運」に書かれている日本の神界の特徴の第五、「宇宙空間に点在する重要な神界との窓口となっていること。」についてもう少し詳細にみてみると、
以下は深見東州氏の著書「神社で奇跡の開運」より。


皆様も役小角という名をご存じのことと思う。奈良時代に山岳信仰の基を開かれた方である。大峯山を開き、日本の六十余州の神山、霊山を開かれて、神と人とが一体となる道法を開かれた方である。この人の足跡を追って、山岳に苦修練行の修道をされたのが行基である。東大寺大仏を開眼し、因果の法則を説いて人々を教導した行基とは、「日本霊異記(にほんりょういき)」においては第一の聖者として扱われている人物である。そして、この人の後を追って同じように苦修練行の道を歩んだのが、空海であった。空海が、まだ唐に渡る前の頃、即ち恵果からの真言宗の八祖の印可を授かる以前の話である。

この三者によって、日本の山岳信仰の基礎が築かれたといっていい。

さて、このすべての基を作った役小角とは、一体何者だったのであろうか。

実は、霊界から行基を導き空海を導いたのも、役小角なのである。神使たらんとする発願もさることながら、彼が生前にたてた神功(神様から見たおてがら)と霊的覚者たる資質とから、神使として任じられているのである。

その神功とは、「日本国六十余州に太古から坐すご神霊を出だし、わが国の国体と風土に、宇宙にある神霊界と直結する神霊磁場、及びそのパイプを確固としたものにされた」ことである。それで、日本国に神国としての霊運が強化されて備わり、文明化された外国との交渉の中で、わが国の民族と文化と国史に、大いなる神霊界のご加護が授かるという布石が打たれたのであった。

不思議で神秘なキャラクターと歴史を持つ日本という国は、こういう霊的な加護を授かりながら、政治も経済も文化も学問も、ブランデーの原酒が醸造され、時とともに熟成されてゆくように、ゆっくりと独自なものを培ってきたのである。そして役小角は大海皇子、即ち天武天皇にこのことを知らせ、「古事記」の編纂なども促している。

天武天皇とその妃持統天皇が、何度も吉野へと参詣していた理由はこれである。

天皇が自覚して初めて国が動き、六十余州の神々が動かれることを役小角は知っていたのである。

ところで、実際をいえば役小角が直接開かれたのは三十一州であり、その他は、霊身となった役小角が、天意に合う若者を選んで導かれたのである。白山を開かれた泰澄上人(たいちょうしょうにん)、日光を開かれた勝道上人などがその例である。このように、日本の山岳とは、単なる山岳ではなく、神域と宇宙神界とのパイプ口となっているのであり、高級霊たちが住まい集う中継地点ともなっているのである。これが、宇宙空間に点在する重要な神界との窓口となっているという意味だ。

むろん、最重要神界とのパイプ口は、日本の山岳地帯に下りているのであるが、カナダ、スイス、中国、ヒマラヤ、インドなどには、それぞれ個別の役割をもった宇宙神界とのパイプ口があり、これらが連動して世界情勢を動かしているのである。

最後に、一言だけ言っておかねばならない。役小角が開いた山岳信仰の原点の発想は、太鼓にあった道であり、彼はそれを復活させただけなのである。そして、山岳信仰の基本となる所は、現在も同じである。ただ、昨今はお陰ほしさの人や、行者、霊能者、修験者達の自縛霊達がうようよしている為、昔の神域からは本当の高級神霊はお帰りになっていることも多い。

宇宙神界とのパイプ口も、今やズタズタに切れてしまっているといえよう。

そこで、新しい時代に先がけて、新たなる神域とパイプ口が下ろされているのが現状なのである。




日本の山岳信仰の基礎を築かれた役小角、行基、空海の画像をwikiからお借りすると。

e0163127_19191751.jpg

役小角
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0d/Goryu_Sonryuin_06.jpg


e0163127_19193748.jpg

行基
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8d/Gyouki_1.jpg

e0163127_19195835.jpg

空海
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/98/Kobo_Daishi_%28Taisanji_Matsuyama%29.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-09-09 19:26 | 神社で奇跡の開運
<< 日本の神様は大らかでユーモアに... 国家とか民族の才能は、神界との... >>