フォーブス ジャパンに掲載された半田晴久氏の記事 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「半田晴久 株式会社ミスズ代表取締役/世界に出て『個人対個人の信頼関係』を築く唯一無二のパーソナリティとは」がForbes JAPAN 2016年11月号 No.028に掲載された。

以下に見だしを追ってみる。

ビジネスのみならず多方面の分野で縦横無尽の活躍をする半田晴久氏。その活動を語るうえで欠かせない「世界的な人脈」はどのようにつくられるのか。



実業家をはじめとする多彩な顔、そのベースにある「世界的な人脈」



西洋人相手にはロジックをもって、大声で口数多くたくさん話す



世界では「個人対個人の信頼関係」をつくることが大切



経営者として尊敬されるための文化的な教養の高さが必要



半田晴久氏の「文化的な教養の高さ」については、相手がそれを驚き、そして驚きが尊敬に変わっていく様をうまくまとめた以下の説明がとてもすばらしい。スムーズに納得できる内容である。

半田氏は「西洋人の土台である文化を理解するために」、西洋芸術の最高峰であるオペラを学び、そこにとどまらずオペラ歌手としてデビューしており、各国の舞台に立ちタイトルロールを十数回演じている。西洋人を前に、イタリア語でオペラを歌えば「ブラボー!」となる。そして、西洋文化の象徴である油絵を描き、スポーツの共通言語であるゴルフにも造詣が深く、プロツアーも主催しているとなると、相手は、「普通の経営者ではない」と圧倒される。

そして、日本にやって来た彼らはさらに驚くことになる。半田氏は若い頃から書道、俳句、小説、日本画、能、茶道、華道を学び、いずれも看板をもらい、師範の免状を有している。「外国からのゲストが来ると、正装して能を舞い、笛を吹き、書を書いてみせ、お茶を点てて花を活け、英訳の詩集を渡す。こういう日本の伝統芸能や、日本食やワインの知識と経験を生かし、和牛や寿司の最高峰でもてなす。すると、大いに感動して喜ばれますよ」

そのような日本人の経営者は聞いたことがない。西洋、そして日本の芸術文化に精通し、言葉だけでなく自ら演じる教養の深さに、驚きは尊敬に変わる。



また、掲載された写真では、大事にしている腕時計が、左右両手につけられている。半田晴久氏の幸せそうな笑顔が印象的である。

e0163127_17303726.jpg


e0163127_17305382.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-10-29 17:34 | 半田晴久
<< 「湯豆腐のように美味しい、国民... 六大神通力のうち一番高級な神通... >>