2017年度「ニュージーランド・オープン」が「ISPSハンダ」冠に - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


今日のサンケイスポーツに以下の記事が掲載された。

一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久会長(65)は10日、PGAツアー・オブ・オーストラレイジア主催の2017年度「ニュージーランド・オープン」(3月9日~12日、クイーンズタウン ミルブルック・リゾート、ザ・ヒルズ)に「ISPSハンダ」の名を冠し、単独タイトルスポンサーとして開催すると発表した。

「日本とニュージーランドの友好の架け橋となるトーナメントになるよう努力していきたい」と同会長。日本ゴルフツアー機構(JGTO)とのパートナーシップ契約を更新し、来年度の大会にJGTO所属選手が少なくとも25人出場することが確約された。



ISPSハンダとPGAツアー・オブ・オーストラレイジアの関係については、以前(2016-06-17 )のエントリーをご覧ください。

ISPSハンダと、PGAツアー・オブ・オーストラレイジアがパートナーシップを締結


e0163127_22215630.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-11 22:24 | 半田晴久
<< 「ISPSハンダカップ フィラ... みすず学苑の広告は、「今年度の... >>