<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ガット・マンのDVDを購入しました。

「ガット・マン」では、衛星中継の時に見たシーンの画質よりも、
実際のDVDはずっと画質がよく、CGの完成度の高さに驚きました。

「恋に狂って支離滅裂」では、有名な存在感のある役者が
演じているかのようでした。一挙手一投足を目で追っていき、
深見先生の演技に引き込まれてしまいました。
「明るすぎる劇団・東州」も好演。
e0163127_22333612.jpg
e0163127_22334844.jpg

by 2nike | 2011-08-29 22:34 | 深見東州

お盆神業のメモ

お盆神業の中で、2005年8月13日十三代前の先祖大法要「人間の幸せとは何か?」の
ビデオが素晴らしかったので、簡単にメモを書きます。

文殊菩薩、普賢菩薩から「人間の幸せとは何か?」との問いがあり、
「悟りを深めることにあるんだ」「悟ったら無上の幸福感に包まれる」
という答でした。
この悟りを深めるということについて、深見先生が解説してくださいました。

幸せに中にいることを再認識する。
感謝の思いを巡らせることによってすぐ幸せになれる。
これも悟りの一種である。

幸せとはお天気。雲一つ無い晴天の幸せは、年に数回しかない。
雲があっても太陽が出ていたら幸せ。
雲の中に入り込まない、入ってもすぐに出ていくことが大切であり、
その考え方の工夫が悟りである。
雲は悩みであり、悩みとは悟りを推し進めていくバネである。

壁を越えるときの悟り:頓悟(とんご)
考え方の工夫により、少しずつ悟る:漸悟(ぜんご)

物事にとらわれない心(行雲流水)によって、幸せになれる。これも悟り。

信仰のある人は、不幸にはならない。
不幸な気持ちがあるだけ。これを払拭するものが悟りである。

臨済禅師は「随所において主たらしめよ」
どのようなところにおいても、とらわれることなく、自分を見失わない、
春風駘蕩たる内的境地、すなはち、環境を支配する自分でなければならない、
と説かれた。

「ただ今に生きる」という神人合一の神法とは、浅い意味ではなく、
行雲流水のとらわれない心で、目前のことに集中し、進歩向上することである。

ただ今に生きていないと、魂が「むなしい」という気持ちにさせる。
「ただ今に生きる」ことを娑婆即浄土の妙諦という。
これが最も幸せな生き方である。
by 2nike | 2011-08-18 19:41 | ワールドメイト

宇宙戦艦ヤマト キャンペーン

いつのまにか「宇宙戦艦ヤマト キャンペーン」が始まっていました。
今回は、グリコのプリッツでした。
なんか、食べるのもったいなくて飾っています。

それから、もう一つ発見。
たちばな出版を見に行くと、
「たちばな出版の本が電子書籍になって、ケータイ・iPhone・iPadで読める」ようになったそうです。

e0163127_1537412.jpg

by 2nike | 2011-08-08 19:02 | 半田晴久