<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明るすぎる劇団・東州の第2回定期公演DVD

 明るすぎる劇団・東州の第3回定期公演があまりにも楽しかったので、第2回定期公演DVDを購入しました。このDVDはつい最近発売されたそうです。タイトルは「白熊 明るすぎる劇団・東州 定期公演2010」。演目は、「風の子」「地面」「カフカ」「白熊」です。


「風の子」
 詩情あふれる日本の秋の風景のもと、変な名前をつけられ、いじめられながらも健気(けなげ)に尽くす風の子、風の子を心配する風の又三郎、風を司る級長戸辺(しなとべ)の神、そしてカエルが登場します。カエルは最後に「孤独とは錯覚だ」という教えと、スカラベー(屁)を残し去っていく。なぜか最後っぺがさわやかに感じてしまう心温まる物語です。
 風の子の養子先の荒木又右衛門の又ずれを女がウチワで扇ぐシーンが、タップダンスなのは吹き出してしまいました。


「地面」
 最初は自分のことばかり考え、自分を不幸だと嘆く”地面”も、自らが救われて幸せになると、こんどはアスファルトやビルの下の仲間に、思いをはせます。その利他愛により人にも神にも愛される泉となり、やがて人間に愛されることを望んだ”地面”と”風”と”雲”と”雨”が、毎日出会う風水の霊地となったという物語。
 最後のほうで、劇団員7名全員参加による「メタボの雀」の楽しいダンスがあります。”地面”のグランジュッテ遼さんも早着替えしたみたいです。


「カフカ」
 物語の最後で、狸と狐に、「あんたに、意味を聞かれるのは心外だ!!」 と言われ、カフカは、今までの自分の作品を反省します。カフカについての文学評論が、そのまま短編小説になってるという、稀有な作品といえます。
 狸の玉袋を乾燥させ、竹を渡し、凧にして上げる、という発想には驚きますね。つい笑ってしまいます。


「白熊」
 白熊とのプラトニックラブストーリー。「青春時代に、しかたなく置き忘れた想い出を、こうして埋めることができたのは、あなたのおかげです。そして……、地球温暖化のおかげです」 というセリフが胸に響きます。魂が癒されるような物語。
 白熊さんが美しかった。


「戸渡阿見先生のパントマイム」
 「カメレオンの食事」「風に揺れる樹木」「チャップリンの果物手品」。戸渡阿見先生は、動物でも植物でもなんにでもなりきってしまうのですね。チャップリンも、まさかという感じで楽しかったです。

e0163127_1648931.jpg
e0163127_16483959.jpg

by 2nike | 2012-04-26 16:56 | 戸渡阿見

明るすぎる劇団・東州の第3回定期公演の感想

 今年も戸渡阿見ワールドにふれ非日常の空間を楽しもうと、明るすぎる劇団・東州の第3回定期公演にでかけました。今回は前回以上に、エンターテイメントの要素がふんだんに盛り込まれており、戸渡阿見ワールドがより一層進化したと感じました。あまりにも面白く、観客が笑う準備をして、次のシーンを待っているという体勢でしたので、大爆笑の連続で出演者と観客が一体化していました。

 エンターテイメントの要素と書きましたが、純粋に面白く、気軽に楽しめるというレベルまで作品を昇華させるのは並大抵のことではなかっただろうと察します。出演者の表現力が向上していたことはもとより、脚本、衣装、照明、音響、大道具、小道具、ダンス、タップダンスとその演出、あらゆるものに時間と労力をかけ、細やかに仕上げたことが想像できます。そのなかでもとくに、それぞれの作品でダンスが効果的に演出されていたのではないでしょうか。
 以下に簡単に感想を書いておきます。


「人食い熊」
 人を食った話と、食われた話で、熊と兎と猟師の3人が意気投合し、最後には、お互いが食べ合ってしまいます。不思議な感覚になってしまいますが、最後の熊のセリフ、「人を食った話は、その人が喜んでくれたら、これ程楽しいものはない。ハハハハ」に作者の意図があらわれているように思います。深く考えすぎずに、不思議な感覚を楽しむこと、そしてそこから何か学べばさらに幸せ、という戸渡阿見ワールドですね。
 ちなみに、戸渡阿見先生のこの作品には、大自然は、一見弱肉強食に見えるが、棲み分けの法則によって、共存共栄している、というメッセージが含まれているそうです。
 鮭ダンスは衣装が凝っていて、鮭の口の動きが楽しかった。
e0163127_22135247.jpg


「フランケンシュタイン」
 フランケンシュタインとフラン犬との、ユーモラスな会話のやりとりがあり、その中にマシンガンのようなギャグの応酬、そして下ネタの面白さがあります。「同性愛、異性愛、ホモ、レズ」といった、いわば「タブー」を扱った物語ですが、お茶の葉博士が他化自在天の秘鍵を明かす段になると、一気に神々しい物語になります。そして、お茶の葉博士のほんとうのお姿は・・・。
 バナナ、マンゴー、リンゴダンスと、謎のダンスはインパクトがありました。
e0163127_2214233.jpg

e0163127_22145211.jpg


「仲人」
 お見合いの席で、言うべきことを言い出せない二人を、破天荒なおじいちゃん仲人が罵倒し追い詰めます。「もろに北島」のおじいちゃん役が絶妙で、大爆笑を誘っていました。
 実(みのる)の友人と花子の先輩のダンスがほほえましかった。


「春が来た」
 春と冬を擬人化した戸渡阿見ワールドの真骨頂(個人的な見解です)。のんびり屋の冬と、せっかちで涙もろい春がやりとりする、ほのぼのとした温かい物語。
 フラワーダンスが、ほんわかとした雰囲気を盛り上げてくれました。
e0163127_22151686.jpg


「幕間のパントマイム」
 戸渡阿見先生の猫の形態模写が絶品でした。前回の森、林、庭の木、秋のすすき、草原の草、の形態模写にも驚きましたが、今回の猫の形態模写も細やかなところまで模写している観察眼の鋭さと、それを芸にしてしまう豊穣なる才能に驚きました。
 驚きつつも、この明るすぎる劇団・東州の第3回定期公演を総合プロデュースしているのが、戸渡阿見先生ですので、さもありなんと感嘆してしまいます。
by 2nike | 2012-04-22 22:17 | 戸渡阿見

明るすぎる劇団・東州の定期公演

昨年は、東日本大震災の影響により行われなかったので、今回が第3回定期公演ですね。第1回、第2回とも観に行っているので、今回もチケットをゲットしました。

4月20日(金)と21日(土)、浅草公会堂(東京都台東区浅草)で開催されます。
4月20日(金)開演18:30(開場 17:30)
4月21日(土)開演14:00(開場 13:00)
ディナー付S席:13,000円 S席:8,000円 A席:5,000円

演目は、
「人食い熊」   短編集「バッタに抱かれて」戸渡阿見著(日本図書館協会選定図書)より
「フランケンシュタイン」 短編集「おじいさんと熊」戸渡阿見著より
「仲人」          短編集「おじいさんと熊」戸渡阿見著より
「春が来た」       短編集「おじいさんと熊」戸渡阿見著より

詳しくはこちらを
明るすぎる劇団・東州 第3回定期公演

ディナー付S席は、公演後に、団長(戸渡阿見先生)と団員の皆さんと一緒にディナーをいただけるのが魅力ですね。

e0163127_15232033.jpg

by 2nike | 2012-04-17 18:00 | 戸渡阿見

さっそく「サクセス登龍門」DVDを2枚とも借りてきました。

 冒頭に半田晴久先生のお話が10分くらいあります。どちらもDVD用に収録したもののようです。
 半田晴久先生は「この番組では、登竜門に来られた方が入り口で留まることなく、もっと成功し、終生ほんとうの成功を勝ち取っていただくためにアドバイスをしている」とおっしゃっていました。


「ビジネス(1)  ビジネスアイディア豊かな若き経営者達」の出演者は次の3名です。
●看護師の人材紹介サービスの日本メディカル株式会社
野村大介さん

●離婚式プランナー
寺井広樹さん

●「町工場の青年企業家」株式会社東大坂技研
的場一馬さん



「ビジネス(2) 大震災に負けない若き経営者たち」の出演者は次の3名です。
●仙台箪笥伝承館-門間箪笥店
門間一泰さん

●アパレルリサイクルショップのドンドンアップ
岡本昭史さん

●1500円の入場料を支払うだけで、店内のメニューはすべて原価で楽しむことができるシステムの原価BAR
横山信夫さん
by 2nike | 2012-04-10 21:29 | 半田晴久

「サクセス登龍門」DVDが、ツタヤ(TSUTAYA)にてレンタル開始

昨年9月の「強運力開発セミナー」DVDに続き、
本日4月6日、「サクセス登龍門」DVDが、
ツタヤ(TSUTAYA)にて、レンタル開始です。

今回は、一気に、以下の2タイトルがレンタルされます。

サクセス登龍門~夢へ!学ビジョン~ビジネス(1)ビジネスアイディア豊かな若き経営者達DVD

サクセス登龍門~夢へ!学ビジョン~ビジネス(2)大震災に負けない若き経営者たちDVD



半田晴久アーティストページもありました。
半田晴久 アーティストページ - TSUTAYA online
by 2nike | 2012-04-06 21:05 | 半田晴久