<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「ハナがあるね」のルーツは「風姿花伝」。日本型ルネサンスを受け継ぐ半田晴久氏の舞台芸術論

半田晴久氏が日本の芸術家として、クラシックや音楽をどうとらえているのかについて、世界芸術文化振興会(IFAC)の「音楽オペラエッセイ」<(6)半田会長にとって、クラシックとは? また音楽とは?>に詳しく書かれている。

この「音楽オペラエッセイ」を読めば、芸術家として、芸道をやり続けるプロセスで、魂を磨き続け、それを作品にあらわす阿弥達の生き方を継承し、演技の花で、観客を感動させることの重要性が分かる。半田晴久会長は このことに全身全霊を傾けて取り組んでいるからこそ、毎回毎回コンサートが大成功し、共演者に恵まれ、しかも驚異的なペースでコンサートを開催できるのだろう。

また、どのような演技も、観客が感動しなければ意味のない事であり、究極のものは、年を取って外見の花がなくなり、その代わり演技の花で、観客を感動させるのが「花の中の花」である、と「風姿花伝」を解説してくださっている。
レベルの高い音楽性と、ギャグ満載トークの炸裂するコンサートを観ていると、半田晴久会長の舞台芸術論の根幹には、観客を感動させるための愛と真心が充満しているのだろうと感じてしまう。


(6)半田会長にとって、クラシックとは? また音楽とは?

まず歌手としては、音楽の芸術性や発声、表現力、音楽理論の理解を深め、高めるための教科書です。この訓練のおかげで、どんなポップス、ジャズ、ロック、演歌、アニソンでも歌えるのです。しかも、高いレベルで。

しかし、芸術家としては、もっと別な捉え方をします。そもそも、クラシックや音楽とは、観客が喜び、観客が感動し、観客を幸せにするものです。
清華大学での、博士論文にも書いたことですが、「芸術のための芸術」、いわゆる今日の芸術論の主流は、19世紀のフランスから生まれたものです。
18世紀のモーツァルトぐらいまでは、パトロンがいて、お金をもらい、注文を受けて作ったものです。だから、パトロンの貴族が、喜んでくれたらそれで良かったのです。
16世紀のルネサンスの巨匠たちも、パトロンが居て、パトロンに喜ばれたらそれで良かったのです。そこに、普遍的な価値があったからこそ、現在まで残っているのです。
そういう、貴族お抱えの絵師や音楽師の時代が過ぎ、19世紀は、その反動でプロレタリア芸術が生まれました。しかし、自分達は貴族お抱えでもなく、プロレタリア芸術でもないと信じた人々が、「芸術のための芸術」という、新たな価値観を生んだのです。これが、今日まで続く、芸術論の主流になっています。
しかし、このクラシックを理解する美学は、普遍的、絶対的なものではありません。19世紀のフランス人が、勝手につくった価値観です。日本には、もっと高いレベルの、クラシックや音楽、芸術に対する価値観があるのです。

15~16世紀の日本では、観阿弥、世阿弥、本阿弥光悦、能阿弥など、「阿弥」が活躍しました。「阿弥」は時宗の影響を受け、「南無阿弥陀仏」という言葉からきたものです。すなわち、「南無」は俗人、「陀仏」は出家を意味し、その中間が「阿弥」なのです。
阿弥達は、俗人でも出家でもない、自分達は「阿弥」だという、自覚と誇りをもちました。つまり、芸道をやり続けるプロセスで、魂を磨き続け、それを作品にあらわすのが、阿弥達の生き方だったのです。こうして、一生を芸道に捧げたのです。
これが、日本型のルネサンスです。

これは、今日でも、日本の芸術家に受け次がれる精神です。また、世阿弥は、世界最古の演劇論である、「風姿花伝」を書きました。ここで、最も尊重されるのが、「花」という概念です。「花」とは、観客の感動であり、観客を感動させる神なるもの、輝かしい花のような美のことです。今日よく、「あの女優には華があるね」とか、「あの歌手には華があり、オーラがあるね」などと言います。この「華」とは、「華やか」という言葉から来たと思うでしょうが、実際は、「風姿花伝」の「花」から来てる概念です。能から歌舞伎が生まれ、歌舞伎から日舞や新劇、新国劇が生まれたのです。「風姿花伝」は、六百年経った今日でも、能楽師の教科書です。六百年間愛される、最古最大最新の演劇論「風姿花伝」が、「ハナがあるね」のルーツである事は、疑いようがありません。それ故、本当は、「花があるね」と書くべきなのです。

ところで、この花伝書を見れば、どのような演技も、観客が感動しなければ意味のない事が解ります。そして、究極のものは、年を取って外見の花がなくなり、その代わり演技の花で、観客を感動させるのが「花の中の花」なのです。ここに、最高の価値を見出すのです。

19世紀のフランスより、15世紀の日本の方が、より深い芸術論、より深淵で、普遍的な舞台芸術論を生んだのです。そう確信します。
能楽師であり、京劇俳優でもある私にとって、西洋音楽、クラシック音楽、オペラやバレエなどは、拳拳服膺(けんけんふくよう)して仰ぐ芸術ではありません。私は、音大の大学院も出ましたが、西洋音楽など尊敬してません。愛してるだけです。西洋人も尊敬してません。優れた人、いい人は敬愛しますが、日本文化と日本人に自信と誇りを持ちます。だから、ヴェルディやプッチーニ、モーツァルトのオペラも、グチャグチャにして、日本流に演出して観客を楽しませます。

それが、あらゆる舞台芸術の原点であり、そうする日本人を、西洋人が尊敬するのです。蜷川幸雄が、世界で評価される理由も、同じでしょう。
これが、芸術家としての、私にとってのクラシックや音楽です。


by 2nike | 2015-07-31 23:03 | 半田晴久

「深見東州の武道館単独コンサート」にジョー・リン・ターナー氏の推薦文

今日の読売新聞に掲載された「深見東州の武道館単独コンサート」の広告

コンサートの正式名称を省略せずに書くと、
「深見東州の武道館単独!老若ニャンニャ、好みのアレレ、音楽のジャンル・ダルクに関係なく、チャメチャメ楽しいコンサート!」
2015年9月19日(土)
17:30開場 18:30開演
日本武道館で行われます。

ジョー・リン・ターナー氏(「ディープ・パープル」、「レインボウ」の元ボーカル)の推薦文によると、

「初めて半田氏の歌を聴いたとき、深みのある豊潤な声な声と、完璧な音程に驚嘆しました。じっくり聴くと、彼が歌詞とメロディーにこめる、深く繊細な情感が伝わってきます。それはまさに、彼が「本物の歌手」である証だと思います。彼は、歌い手に必要な要素をすべて融合し、一つ一つの歌を、本来歌われるべき表現で、リスナーに届けます。私は、半田氏の熱烈なファンです。」


この推薦文を読めば、他に推薦文を書いているマイケル・ボルトン氏、小林旭氏と同じように、ジョー・リン・ターナー氏も深見東州氏と親交を深めているのがわかります。深見東州氏の歌やそれに関係する全ての人への細やかで深い愛情は、多くの人を惹きつけて離さない大きな人間的魅力になっているように思います。


e0163127_23104722.jpg

7月28日 読売新聞
by 2nike | 2015-07-28 23:15 | 深見東州

みすず学苑の縄文太郎には、縄文次郎とサメ、ロボットバージョンがある

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


あまりに、登場人物、宇宙人、昆虫、魚介、食べ物などが多く、見落としがちだが、みすず学苑の縄文太郎には、縄文次郎とサメ、ロボットバージョンがある。

e0163127_2245712.jpg

by 2nike | 2015-07-27 22:46 | 半田晴久

【画像比較】みすず学苑広告で、ヤマトタケルの左の口角が上がっている件

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


ヤマトタケルの左の口角が上がっている件について、以前ネット上で話題になっていた。頭の片隅にそのような記憶があったのだが、先日、14日にパシフィコ横浜国立大ホールで行われた「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」のことを書いていてふと気付いた。

ヤマトタケルの左の口角が上がっているニヒルな笑顔は、(左右の違いはあるが)まさにボルトンスマイルではないか!

e0163127_17201995.jpg


この広告で、マイケル・ボルトンと兄弟船の深見東州氏が、マイケル・ボルトンのアダルト・コンテンポラリーな要素をみすず学苑広告に吹き込もうとしたのではないだろうか?
by 2nike | 2015-07-25 17:26 | 深見東州

「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」がサンスポ、東スポ、デイリーに掲載された

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」がサンケイスポーツ、東京スポーツ、デイリースポーツに掲載された。
デイリースポーツに「ヘアーバンド」の名前の由来が載っている。この記事を読んで、世界的ミュージシャンであろうが誰であろうが、深見東州氏は一気に信頼関係を築き、相手の懐に入っていく絶妙な距離感を持っている人だとつくづく感じた。

●サンケイスポーツ

米国を代表するシンガーソングライターの一人、マイケル・ボルトンと、日本屈指のバリトン歌手、深見東州氏によるコンサート「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」が14日、パシフィコ横浜国立大ホールで行われ、4000人の聴衆が両雄の歌声に酔いしれた。2人の共演は、互いを認め合う固い友情の賜物。ボルトンは、主催の東京芸術財団会長である深見氏の、フィランスロピー(慈善活動)に基づいたさまざまな活動に共鳴し、深見氏も2度のグラミー賞受賞に敬意を表する、互いをリスペクトし合う間柄だ。



以下に見だしを拾ってみる。
「マイケル・ボルトン×深見東州氏 夢の競演」
「『聖者の行進』では舞台から駆け下り観客と一体に」
「鳴りやまない拍手」
「東州タオル贈る」


●デイリースポーツ

ヘアーバンドの名前の由来は、深見氏いわく「バンドリーダーの第一印象です」。リーダーのスティーブン・スモール氏の頭髪は、ちょっぴり寂しい感じだが、それをギャグにしてしまう持ち前の明るさから、「ヘアーバンドが似合うリーダーがいる」と名前が決まった。
だが、ギャグのような名前とは裏腹に、その実力は折り紙つき。リーダーのスモール氏は、世界的なシンセサイザー奏者・喜多郎の音楽ディレクター兼編曲家でもある。他のメンバーも、世界各国の舞台で活躍する第一線のミュージシャンばかりだ。



以下に見だしを拾ってみる。
「ボルトン 深見氏 響いた洋楽の兄弟船」
「バックに『ヘアーバンド』従え紡いだ名曲」


e0163127_22491076.jpg

7月23日 サンケイスポーツ


e0163127_225005.jpg

7月24日 東京スポーツ


e0163127_22504164.jpg

7月24日 デイリースポーツ
by 2nike | 2015-07-24 22:57 | 深見東州

第6回ジュリアード音楽院 声楽オーディション by IFAC 公開講座

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


第一生命ホールで、「第6回ジュリアード音楽院 声楽オーディション by IFAC 公開講座」が、開催されていたので行ってきました。

ジュリアード音楽院声楽部長であり、メトロポリタン歌劇場リンデマン・ヤング・アーティスト育成プログラム エグゼクティブ ディレクターも務めておられるブライアン・ジーガー氏直々の公開レッスン。
レベルが違いすぎて、私などが文章にするのははばかられるが、ブライアン・ジーガー氏のうっとりするようなピアノ演奏と、やさしく適確なアドバイスは、公開講座受講者のみならず、私たち観客に対しても、最先端のオペラの世界を感じさせてくれたのではないかと思う。

ブライアン・ジーガー氏の話の中で、つい2週間前にR.シュトラウスの歌曲集CDを作成した、とのことだったので、調べてみたところ、日本では2015年07月31日 発売予定の
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集、R.シュトラウス:歌曲集 ピエチョンカ、ジーガー
のようだ。
さっそくこのCDを予約した。
by 2nike | 2015-07-22 21:43 | 半田晴久

「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」がスポニチと日刊スポーツに掲載された

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


14日、パシフィコ横浜国立大ホールで行われた「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」(主催・一般社団法人 東京芸術財団)の記事が、スポニチと日刊スポーツに掲載された。

●スポーツニッポン

「一度聴くだけで、半田先生が歌うことをどれほど愛しているかすぐに分かった。圧倒的な美声、卓越した歌唱力、幅広い音域と歌にかける情熱は、音楽を愛する人々を魅了するだろう。私は半田先生の大ファンである」と公言するボルトンとは、この日が3度目の共演だった。


以下に見だしを拾ってみる。
「希代ののエンターテナーがグラミー賞歌手マイケル・ボルトンと3度目夢共演」
「Sexy Voiceで客席KO」
「魅せてくれた固い絆」
「洋楽界の『兄弟船』だ」
「2大スターが全30曲 パシフィコ横浜は 興奮と歓声の嵐に」
「慈善活動、趣味のゴルフで意気投合」
「ギャグトークで進む弟船の歌手」
「情感たっぷり・・・マダムが前のめり」
「ボルトンは予定オーバーの12曲」


●日刊スポーツ
深見氏とボルトンは2012年のシンガポール公演、2012年の日本武道館公演に続いて、3度目のジョイントコンサートになった。ゴルフ仲間でアーティスト仲間、社会貢献活動を通じての仲間でもある。深見氏は2人の間柄を「兄弟船」と称する。人生経験では、2歳年上の深見氏が兄貴分だが、歌の世界ではグラミー賞を2度受賞しているボルトンが兄というわけだ。

以下に見だしを拾ってみる。
「真夏の夜のジャズとポップスの祭典 マイケル・ボルトンと兄弟船」
「Fly Me To The Moonを『兄』ボルトンと競演」
「かっこ良くすべてが様になっている62歳ボルトン」


e0163127_21195411.jpg

7月21日 スポーツニッポン


e0163127_21204591.jpg

7月21日 日刊スポーツ
by 2nike | 2015-07-21 21:22 | 深見東州

プラシド・ドミンゴ氏の前回の日本公演

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


前回来日したときの「プラシド・ドミンゴ コンサート イン ジャパン 2013」は、
・2013.10.12(土)東京国際フォーラム ホールA
・2013.10.15(火)Bunkamura オーチャードホール
で公演された。

世界の優れた芸術家に贈られる、第25回高松宮殿下記念世界文化賞の音楽部門の受賞者プラシド・ドミンゴ氏は、10日に来日し、2013.10.12(土)東京国際フォーラムでコンサートを行った。
そのコンサートでは、皇太子さまが鑑賞されたそうだ。
また、アンコールでは、日本語で「ふるさと」を披露している。

皇太子さま、「世界3大テノール」プラシド・ドミンゴ氏のコンサートご鑑賞
by 2nike | 2015-07-19 19:19 | 東京国際コンサート

あっと驚く、第4回東京国際コンサート プラシド・ドミンゴと、深見東州となかまたち

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>

今日のサンケイスポーツに広告。
第4回東京国際コンサート
プラシド・ドミンゴと、深見東州となかまたち!

さすがに、あっと驚きます。
第3回東京国際コンサートが行われたのが6月15日なので、何と早いサイクルでしょう。
8月26日(水)は、第4回となり、プラシド・ドミンゴがやってきます。

たちばな出版で、チケット購入できるようです。
私は、どうしようか考え中です。

第1回の主賓歌手は、キリ・テ・カナワ。第2回はルネ・フレミング。
第3回は三大テノールの一人、ホセ・カレーラスでした。
第4回目の今回は、もう一人の三大テノール、
プラシド・ドミンゴです。
ドミンゴは、ドラマティックな美声とカッコイイ容姿、
どんなジャンルでも歌いこなす、幅広い音楽性と
優れた演技で知られます。
そして、何よりも、あたたかいハートの親日家です。
忘れもしない、あの東日本大震災と津波、原発事故が起きた直後。
多くのアーティストは、公演をキャンセルしました。
しかし、ドミンゴは約束通り来日し、
「ふるさと」を最後に歌いました。
ハートのこもる、日本語による歌に聴衆は泣き、
大いに勇気づけられました。
そういう、人間性の持ち主がプラシド・ドミンゴなのです。
今回は、プロデュースと音楽監督を、
プラシド・ドミンゴが行います。
またドミンゴの希望により、抽選ではなく、
良心的な料金のチャリティ公演にします。
古くからのドミンゴファンが、また集えるからです。
オーケストラは、東京フィルハーモニー交響楽団(東フィル)。
指揮者は、いつもドミンゴの指揮をする
ユージン・コーンです。
出演者は、深見東州とドミンゴのなかまたち。
すなわち、ドミンゴが選ぶソプラノ歌手たちです。
最後は、また「ふるさと」を歌い、
さらなる東北の復興を願います。



e0163127_1262649.jpg

by 2nike | 2015-07-18 12:08 | 東京国際コンサート

「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」で、きれいな英語の発音とジャジーな乗りに感動

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」で、きれいな英語の発音とジャジーな乗りに感動した。
また、今回招聘した深見東州氏の新バンド”ヘア・バンド”は、非常にレベルが高かったと思う。
バンドリーダーのスティーヴン・スモールは、
喜多郎ワールド・ツアーのミュージック・ディレクターとしても活躍し、ニュージーランドの天才ミュージシャンとして、日本デビュー・アルバム「 SLOW DRAG 」 を2015.1.28 リリースしている。

ピアニストとして、圧倒的なパフォーマンスを魅せつける“スティーヴン・スモール”。ロンドン交響楽団、チェコ・ナショナル交響楽団のレコーディングなどにも参加をしており、ジャンルを超えたピアニストとしても活躍。アレンジャーとしても、オーケストラ 〜 ロックバンドまで手掛ける才能は、ベリンダ・カーライル、ボニー・テイラーそして、喜多郎などとも共演を果たす。




e0163127_16364121.jpg

「真夏の夜のジャズとポップスの祭典!」パンフレット
by 2nike | 2015-07-15 18:14 | 深見東州