<   2016年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ワールドメイトHPに書かれている深見東州氏の考え方やワールドメイト入会案内 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏の宗教に対する考え方が、ワールドメイト公式HPのトップページ上部
「深見東州のネアカ・スピリチュアル本」という画像のなかに載っている。右側には、ワールドメイトの支部名があり、この支部名自体が作品だ。
「全国ワールドメイト支部名の作品集」の説明はつぎのとおり。

全国ワールドメイト支部名の作品集

これは、宗教の抹香臭いイメージを払拭し、暗いイメージや閉鎖的にならないよう、深見東州が地域にふさわしい名前を命名しました。暗くて落ち込んだり、気持ちが沈んだとき、支部名を唱えるだけで、やる気と元気が出て、気持ちが明るくなります。また、言霊と数霊を組み合わせ、キンピラゴボウの栄養のように、開運力があるように考えられてます。宗教人として活動するときも、ギャグあふれる深見東州です。
(※支部名は、ワールドメイト公式HPでご覧ください)


また、本文は以下のとおり。

宗教の枠、宗派の枠、日本という枠を超えた、ギャグ爆発の宗教家


「宗教の枠にとらわれず、宗派の枠にとらわれず、神仏が喜び、人類や国のためになり、会社や家や個人が栄え、幸せならそれでいい。そして、いつも明るくギャグを飛ばしたい。
時代を反映し、時代を越えた普遍性のあるのが、生きた本物の宗教だ。
しかし、宗教だけが神ではない。科学も芸術も神である。全てをやるのが、本当は望ましい。
天の思し召しで、宗教をやるのなら、
本当に世の中に役立ち、人を幸せにしたい。
そして、抹香臭くなく、自由で縛りなく、
秩序があって明るいのがいい。
それが、神仏習合の神道や、神社のお祭だ。
お祭のように、いつも世の中を明るく、
宗教界のギャグ王をめざしたい。
まじめで暗いのが、肌に合わないからである。
それで、気に入った人が入り、
いやならやめればいいのです。
宗教といっても、それだけのことです」
―――これが、深見東州の宗教に対する考え方です。




ワールドメイト入会のご案内
には、深見東州氏からのメッセージがあるので以下に掲載する。

ワールドメイトリーダーの深見東州です。
 ワールドメイトには、誰でも開運する楽しい催しがいろいろあります。また、一般向けの著作の中には書ききれなかった、驚くような神霊界の秘密もたくさん学ぶことができます。
 幸運になるための絶対的な原則を知って、皆様の運勢が大いに向上し、いっそう幸せな人生を歩んでいただけますよう、心から願っております。


 入会していただきましたら、もっと人間的な温かみを感じるお付き合いをさせていただきたいと、願っております。
 たとえば、私の発行する「Toshu Fukami・メールマガジン」があります。
重要な最新のお知らせや、私の作曲した曲や詞、俳句、道歌、ギャグ、御神示などを、折にふれて携帯メールにお送りしています。また、私の描いた絵をバースディカードやクリスマスカード、年賀状にしてお届けしています。
 また、全国各地で行われる有名神社の団体参拝や祭事など、直接皆様にお会いする機会もございます。


 せっかくのご縁ですから、この機会にぜひワールドメイトにご入会ください。
一流一派に拘泥せず、神界、霊界、現実界をバランスよく幸せにする、自由で民主的な、明るい会です。そもそも神道とは、そんな宗教文化の背景があるのです。それが、ワールドメイトです。
 年齢、性別、今までの経験を問わず、どんな方でも参加していいただけます。
 きっと、今とはちがう、まったく新しい人生が待っていることでしょう。
 それでは、今度は直接お会いできることを、楽しみにしております。


★ワールドメイトの寄付会費は、そのまま弱者救済のために使われます。カンボジアを含めた、ラオス、アフリカ、中国、イギリス、アメリカ、豪州、日本など、世界に広がります。また、障害者のための世界的福祉に使われ、スポーツや芸術でも、弱者救済の局面に使われるのです。会費以外の、通常の皆様のお玉串で、組織を運営し、文化、芸術、スポーツの振興を進めてるのです。会員数が増えれば増えるほど、確実に弱者が救われる仕組なのです。



ちなみに、こちらは半田晴久(深見東州)氏が学苑長をつとめる、みすず学苑のCM。CMはすべて半田晴久氏が考えているとのこと。
この点数は、カナリヤば~い!
成績インコがうらやましい!
志望校、タカすぎるがな~!
ひとっトンビに、成績上げたい!
人気があるからコンドルよ!

ポテット落ちた偏差値!勉強する手がトマットるよ!
暗記するのにつかレタッス!
コーンな人には、みすず学苑だ。
ナスばなる。みすずに来ればナスとげられる!





ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-30 21:42 | ワールドメイト

伊勢志摩サミットの成果。忍者が各国のメディア関係者を出迎えも。 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


民進・蓮舫代表代行が“まさか”の大絶賛をするほどに、伊勢志摩サミットは大成功だった。
大きな成果としては、米国の現職大統領として初めて、オバマ大統領が広島市の平和記念公園を訪れたのはもちろんのこと、G7の首脳が伊勢神宮訪問したことも特筆すべきことだと思う。




産経ニュースによれば、伊勢神宮訪問について、
「素晴らしい教訓と経験を与えてくれた」「聖なる場所に行くことができて感動した」「日本文化を学べた」「伝統の継続性と悠久の歴史を感じた」「感動を伴うものだった」「精神的によい経験をさせてもらった」との声が相次いだそうだ。

また、朝日新聞デジタルによると、「危険な感染症封じ込めへ新枠組み G7サミット宣言へ」感染症封じ込めへ新枠組みができるもようだ。

主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)でまとめる首脳宣言の保健医療分野の骨子案が分かった。国際社会が連携して危険な感染症を封じ込めるため、流行地で初期から迅速に対応できる新たな枠組みや、途上国の保健サービスの底上げ支援などが盛り込まれる。



これは、WSD主催の「世界の医療と、国際政治」サミットで、世界各国から専門家が集結し、グローバルヘルス(医療の安全保障)について熱い議論をたたかわせた成果ではないだろうか。

また、サミットで忍者が現れ、テキパキと机と椅子の移動などを行っていたが、伊勢志摩サミットでも忍者(くノ一)が現れ、各国のメディア関係者を出迎えていたそうだ。





















ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-29 23:14 | 深見東州

「ISPSハンダ・大江戸八百オープン」レギュラー部門は大田和桂介プロが優勝 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


男子レギュラー、シニアのプロとジュニアのアマチュアがともに戦うゴルフ競技会「ISPSハンダ・大江戸八百オープン」(賞金総額2000万円)が5月24日(火)~25日(水)、埼玉県入間郡のエーデルワイスゴルフクラブ(6954ヤード、パー72)で開催された。

本日のサンケイスポーツ、東京スポーツに結果が掲載された。なお、新聞広告は5月20日のエントリーにて紹介。
「ISPSハンダ・大江戸八百オープン」広告が楽しい。


優勝は、レギュラー部門が通算8アンダーの大田和桂介プロ、シニア部門が通算10アンダーの福澤義光プロ、ジュニア部門は通算6アンダーの田中章太郎選手。

3選手には、主催の一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)・半田晴久会長からグリーン羽織と優勝かぶとがそれぞれ贈呈された。

大田和桂介プロと田中章太郎選手は、主催者推薦として「ISPSハンダグローバルカップ」(6月23~26日、石川・朱鷺の台カントリークラブ)への出場が決定。

福澤義光プロは、11月に行われるPGAシニアツアー「HANDA CUPフィランスロピーシニアトーナメント」への出場権を獲得した。

また、優勝を除くレギュラーの上位4人は、同じく6月開催の「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」に出場できる。




e0163127_21542410.jpg

5月28日サンケイスポーツ

e0163127_21544083.jpg

5月29日東京スポーツ



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-28 22:00 | 半田晴久

宗像大社(1)一回の参拝で三倍の神力が授かる。 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>

wikiより、宗像大社の辺津宮拝殿、中津宮拝殿、沖津宮拝殿の画像。

e0163127_22502543.jpg

辺津宮拝殿



e0163127_22505677.jpg

中津宮拝殿



e0163127_22512093.jpg

沖津宮拝殿


以下は深見東州氏の著書「神社で奇跡の開運」より。

●考古学的価値が高く、「海の正倉院」と呼ばれる

シュリーマンのトロイ発見の例をひくまでもなく、神話あるいは信仰は古代の人々の生活やその実像から生じたものである。したがって、古代に建立された神社は極めて大きな考古学的な価値を持っている場合が多い。

福岡県宗像郡の陸地と島々にある三社を総合する宗像大社は、とりわけ考古学的な価値が高い。宗像大社を形成する三社の奥宮にあたる沖ノ島は、数々の貴重な遺跡や遺物が発見されたことから「海の正倉院」と呼ばれている。ちなみに、「砂漠の正倉院」と呼ばれているのは能登にある気多(けた)大社だ。

宗像大社は三社によって形成されたと述べたが、それぞれの社には宗像三女神と呼ばれる女神が一柱ずつ祀られている。宗像三女神は、宇佐神宮の項でも触れたが天照大御神とその弟神の須佐之男命の誓約段で登場する神だ。

世の神が自分の意図通りに動かないことを嘆いた須佐之男命は、母のいる国へ行くことを決心する。そして、その前に姉の天照大御神に挨拶をしたいと思った。しかし、姉神は弟神のその心を疑って、高天原を乗っ取りに来たのではないかと誤解した。そこで、天の安河原でどちらの心根が正しいかを証明するために誓約(うけい)をしたのである。



●田心(たごり)姫神、湍津(たぎつ)姫神、市杵島(いちきしま)姫神が宗像三女神

その折、須佐之男命が差し出した天叢雲剣を天照大御神は三つに叩き折り、それぞれの断片を噛み砕き、露のごとく吹くと三人の女神が生まれた。この女神が田心(たごり)姫神、湍津(たぎつ)姫神、市杵島(いちきしま)姫神の宗像三女神である。

市杵島姫神を祀っているのが、宗像郡玄海町にある辺津宮だ。のんびりとした田園風景が広がる一角に、こんもりと樹木が生い茂る中に境内がある。本殿、拝殿はともに重要文化財に指定され、沖ノ島古代祭祀遺跡から出土した遺物十万点を収蔵する神宝館がある。そのうち三百点以上が国宝に指定されている。

湍津姫神を祀る中津宮は、辺津宮の沖十二キロにある大島にある。そして田心姫神を祀る沖津宮は、大島からさらに五十キロ沖の小島、沖ノ島にある。この島は周囲約四キロ、海辺らしきところはほとんどない断崖絶壁の孤島であり、昭和四十六年に発掘調査が終了するまで、島の全貌は不明であった。

発掘調査の結果、この島には四段階に分けられる古代の祭祀遺跡があり、朝鮮や中国大陸との交易も盛んであったことが明らかにされた。そして、これらの三社は一直線上に並ぶように配されており、恐らく海上交易の道標の役割を果たしていたと考えられる。しかし、信仰上のことからいえば、陸より海に向かって辺津宮から拝めば、中津宮、沖津宮を同時に遙拝したことになり、一回の参拝で三倍の神力が授かるという、便利で有難い形式を取ったのであろう。





ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-28 21:52 | 神社で奇跡の開運

「第7回 明るすぎる劇団・東州 定期公演2016」記事がスポーツ紙等3紙に掲載。ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「第7回 明るすぎる劇団・東州 定期公演2016」記事がデイリースポーツ、東京スポーツ、日刊ゲンダイに掲載された。

●デイリースポーツ
掲載文の最後に、戸渡阿見氏のパントマイムをアカデミー賞のサイレント映画と比較したくだりが載っている。私も好きな映画であり、まさにこの筆者と同感である。その文章とは、

かつてアカデミー賞の「作品賞」などに輝いたフランス映画に「アーティスト」がある。サイレント映画の大スターを演じたジャン・デュジャアルダンの演技はセリフはなかったものの、その表情、ダンス、体の動きで観客の胸を打った。この日の戸渡阿見のパントマイムは、まさに「アーティスト」、いや、それをもしのぐできだった。



見だしは次のとおり
「抱腹絶倒!! 戸渡阿見ワールド」
「『慈悲と慈愛』あふれるメッセージ」
「ハリウッドの娯楽大作、インド映画のも負けない踊りや演技に場内一体化」
「冴えたパントマイム」



●東京スポーツ
甲殻機動隊シリーズのパントマイムが詳しく載っている。

サワガニの場面では、川で泳ぐ少年が腹を壊し、ズボンを下ろして川に何かが浮いているところまで表現。越前ガニでは、大方の予想通りかみしも姿のカニが現れ、爆笑を誘った。

甲殻類つながりで幕間の2ステージ目は”エビ”。オキアミ、桜エビ、カワエビ、ボタンエビ、シマエビ、オマールエビに伊勢エビを次々と熱演した。漁師がボートで漁に出かけるところはカニと共通だが、エビ編では獲物によって手漕ぎボートがモーターボートに変化する細かさも・・・。大物のオマールエビや伊勢エビを、汗だくになりながら引き上げるパフォーマンスに大声援が飛んだ。

もとは幕間の「つなぎ」だった戸渡阿見のパフォーマンスだが、いまや劇団公演の目玉? 人気沸騰中につき、新ネタへのリクエストも高まりそうだ。



見だしは次のとおり
「第7回定期公演でも”戸渡阿見”ワールド全開」
「涙と笑いと慈悲の珍パフォーマンス」
「甲殻機動隊シリーズも大好評」



●日刊ゲンダイ
パントマイム甲殻機動隊の演目が掲載されている。
○「カニ」シリーズ
・サワガニ
・越前ガニ
・毛ガニ
・花咲ガニ
・タラバガニ

○「エビ」シリーズ
・オキアミ
・桜エビ
・カワエビ
・ボタンエビ
・シマエビ
・オマールエビ
・伊勢エビ

見だしは次のとおり
「抱腹絶倒!!衝撃的なステージ 個性溢れるキャストのパフォーマンス」
「とことん笑いたい。そんな人たちへ。これで日頃の疲れやストレスも解消!!」
「ステージで繰り広げられるパラレルワールド」

デイリースポーツ
e0163127_22381833.jpg



東京スポーツ
e0163127_22383797.jpg



日刊ゲンダイ
e0163127_22385182.jpg


ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-23 22:42 | 戸渡阿見

「ISPSハンダ・大江戸八百オープン」広告が楽しい。2016年5月20日 日刊スポーツ - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


今日の日刊スポーツの広告を見て笑ってしまった。半田晴久氏が扮する「遠山の金さん」が、「ISPSハンダ・大江戸八百オープン」広告に登場した。

半田晴久氏が扮する「遠山の金さん」は広告でよく見かけるが、「五十すぎたら読む本」の表紙に「遠山の金さん銀さん」としても登場している。
ギャグ・スピリチュアル本は、表紙、タイトル、ペンネームがギャグだった

今回はプロゴルファーが浮世絵風となり、「あだ名」がつけられている。これは楽しそう!

東金の徹(中山徹)
国内の徳永(徳永雅洋)
婚活中の横山(横山明仁)
遠州の寅(野口裕樹夫)
笑福亭平野(平野浩作)
インド少年金沢(金沢隆光)
仁丹(加藤仁)
ふんころがし萩原(萩原浩一)
マリオ青木(青木民也)
大人になったバカボン(中山智)
半田晴久ISPS(国際スポーツ振興協会)会長(バーディー半田)

「ISPSハンダ・大江戸八百オープン」
2016年5月24日(火)~5月25日(水)
エーデルワイスゴルフクラブ

e0163127_1519445.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-20 15:22 | 半田晴久

「第7回 明るすぎる劇団・東州 定期公演2016」は、インド風演出だった。 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>

5月14日(土)15日(日)新国立劇場(中劇場)で、「第7回 明るすぎる劇団・東州 定期公演2016」が公演された。

幕が下りた後、戸渡阿見団長が舞台に上がり劇団員の紹介があった。そして、本来ならば余韻を楽しむために挨拶などは数分で終らせたいところだがと前置きのあと、しかしながら、感想を聞いたところ作品の理解があまりに乏しかったということで、詳しい解説をしてくださった。

「残酷な天使のナットウキナーゼ」
法華経のなかの「観世音菩薩普門品第二十五」にある観音経に、観音菩薩は三十三相化身して衆生済度することが述べられており、衆生を済度するときには衆生のところまで降りていき、身近な存在となって済度する。それほどに観音菩薩というのは慈悲深い存在である、との解説があった。

この物語の主人公である「仏さま」は、前世は「耳なし芳一」であり、死後、悟りを深め、仏さまの位に上がった。舞台では仏さまと若者が前世からの因縁に関わる話をしている。そのとき、そこにお釈迦様が現れ、「耳なし芳一」は本来、観音菩薩の位に上がれるはずだったことを諭される。自分の未熟さを知った仏さまは・・・。

戸渡阿見団長は、仏さまつながりで、今回はインド風演出を行ったとのこと。インド風演出とは、特に脈絡なく踊りが入ること。これは見てのお楽しみ。DVD化されたらもう一度見てみたい。

e0163127_2325684.jpg


「へそ」
「へそ」を起点として、物語は宇宙大にまで広がっていく。実は西荻窪が・・・だった。

この作品もインド風演出がされており、パンフレットには通行人としか書かれていないが、この通行人が中心になって踊りが繰り広げられていく。見事にインド風演出されているところに感動してしまう。

e0163127_2331510.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-16 23:12 | 戸渡阿見

みすず学苑の広告は、昨年度の合格者紙上鯉のぼり 5月13日朝日新聞 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


前回のみすず学苑の広告は、
みすず学苑の広告は、昨年度の合格者紙上雛祭り 3月26日朝日新聞


今回学苑長は、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の信長風演出で登場。
以下は、学苑長半田晴久氏のコメント

みすず学苑の端午の節句は、「タンゴ」で「単語の節句」を楽しみます。
踊って単語やイディオムを覚え、「口頭テスト」を楽しむのです。
5月は物憂く、勉強に身が入らない季節。
しかし、みすず学苑では、「勝ったつもりで兜(かぶと)の緒を締めよ」です。
つまり、勝負に生きる男の目で励むのです。
でも、口元は「鯉のぼり」のように、大きく開けて笑っています。
明るさと面白さ、勉強時間と勉強量はどこにも負けません。
それで、優れた知に巻き返すのです。
だから、「チマキ」予備校なのです。

e0163127_228134.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-13 22:09 | 半田晴久

「深見東州 単独! 武道館・オリジナルソングコンサート」広告が産経新聞に - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


昨年の武道館単独コンサートは、 2015年9月19日に行われ、タイトルは、「深見東州の武道館単独!老若ニャンニャ、好みのアレレ、音楽のジャンル・ダルクに関係なく、チャメチャメ楽しいコンサート!」だった。

過去のエントリーを読んでみると、3時間半、休むことなく歌い続けた深見東州氏のタフネスぶりとともに、スポーツ紙の紙面に「人間ジュークボックス」、「ボーダレス」、「爆笑漫談」、「ギャグトークをさく裂」「ジェット風船」などの言葉が使われ、観客と一体となってチャメチャメ楽しいコンサートだったことが思い出される。
以下は今日の広告より。

年を取ると、誰でもオジイさんになります。そして、他人の曲よりも、自分の曲を歌いたくなります。だから、オジジナル曲を歌うのです。年齢的にはおジジでも、技術とハートで若々しく歌えます。そんな、クラシカル・クロスオーバー歌手として、前人未到の楽しい世界を創造します。全曲が深見東州の作詞・作曲です。オジジナルなロック、ジャズ、ポップス、演歌、日本歌曲は、あらゆるジャンルと年代をカバーします。
ノリノリで楽しく、面白くで感動的です。美しい詩情に泣き、ギャグで爆笑します。そんな、30人のオケで盛り上がる、お祭りと宴会なのです。


「Power Light」
「シンドバッド」
「メスの狼」
「熟しきれない私」
「I lost my love」
「You are my Lover」
「アンドロメダ王子」
「縁結び」
「雨やどり」
「仙台の女性」
「ブエノスアイレスで去った君に」
「ラプラタ川に寄せる」
「南極」
「朝がきたら」
「甘酸っぱい恋」
「恋するオトメ」
「お前の瞳に」
「ジダンダ」
「マリアと共に」
「走れキタギツネ」
「はるかぜ」
「いでよ!鹿嶋の神」
「龍神21世紀」
「メタボの雀」
「バンペイユ」
「恋に狂って支離滅裂」
「ガットマン」ほか
※曲目は、変更になる場合があります。

場所:日本武道館
日時:2016年7月21日(木)17:30開場/18:30開演
※時間は変更となる場合があります。
チケット:SS席:13,000円/S席:9,000円/A席:7,000円/B席:6,000円
※未就学児童のご入場をお断りいたします。

主催:一般財団法人 東京芸術財団
協力:DISK GARAGE
お問い合わせ:たちばな出版 0120-992-167



e0163127_20533714.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-11 20:56 | 深見東州

宇佐神宮(2) 全国津々浦々に行き渡らせるネットワーク - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


宇佐神宮にはどのような願い事をすればよいのか、四項目をまとめると、
(1)「全国規模の展開」を目指す時に行く
(2)尋ね人、失せ物を探したい時に行く
(3)性格を強化する霊徳があるので、迷いが多く、やる気をなくしている時に行く
(4)勝負に負けない闘争心をかきたててほしいときに行く
以下は深見東州氏の著書「神社で奇跡の開運」より。


宇佐神宮が大仏建立に対して積極的なご神託を下されたということは、仏教擁護の意志を明らかにするものであり、その結果、わが国の仏教がその地位を確立し、同時に後の神仏習合の礎にもなったのである。

では、宇佐神宮にはどのような願い事をすればいいのだろうか。

第一に、八幡様は全国に四万八百社あると述べたが、これは全国津々浦々にネットワークがあるということである。だから、一言でいえば、「全国規模の展開」という時には宇佐神宮に願いを込めればいいわけだ。私は実際に何度も何度も試してみたが、「全国津々浦々に行き渡らせる、八百萬の広がりの徳を持つ神八幡」と考えて間違いない。したがって、全国津々浦々に製品を流通させるサービス業の方々にとっては、誠に頼りになる神様であろう。

また二番目は、全国から情報収集が容易であるという点からは、尋ね人、失せ物捜しにも霊験あらたかだ。今、流行の「初恋の人」「蒸発した人」捜しにも大きな助けとなるはずである。

そして、三番目は、少しご神託の意訳をすることになるが、性格を強化する霊徳があるのである。日本の歴史上で宇佐神宮のご神託が果たした役割は大きいが、迷いが多くて、やる気をなくしている人が熱誠祈願を込めると、なんらかの形で必ず右左の答えや指針が得られるはずである。「行き悩めば、私はなんとかなる人間なんだ」という確信を持てば、誰でも強い性格の人になれるものである。これも八幡様の大きな働きの一つだといえる。

四番目は、勝負に負けない闘争心をかきたててくれる力である。石清水八幡宮は宇佐神宮のご神託により国家鎮護のために建立された神社で、清和源氏の氏神様である。なかでも源義家は東征の折、石清水八幡の社頭で元服し、八幡太郎義家と名乗った。また、源頼朝は石清水八幡宮を勧請し、鎌倉に鶴ヶ岡八幡宮を建立した。源氏の兵士たちは八幡大菩薩の旗を背負って戦場を疾駆したが、鎌倉時代以降、戦場には必ずこの旗印が登場した。

現在、日本人がいわゆる戦場に姿を現わすことは皆無に近いが、日常生活の戦いの場において、その意志を貫き通そうと考えている人に対しては、宇佐神宮の神々は多大なる援助をなさるはずである。また、サラリーマンは日々の激烈な経済戦争の中を生き抜き、学生は受験戦争を勝ち抜くための智、勇、体力を授かるだろう。特に先祖が源氏系の人々には、絶大なる加護があることだろう。

ところで、受験生が頼りにする神社としては、八幡を六~七割のペースに据え、受験戦争の始まりと真ん中と締めくくりの直前に天神の根気や忍耐力と智恵の冴えを補給する参り方を薦める。むろん、いくら有名な神社でも、色街や歓楽街にある天神社や八幡社は薦められない。





ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-05-10 17:22 | 神社で奇跡の開運