<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント」の結果 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメントが、11月18日(金)~20日(日)まで、埼玉県の越生ゴルフクラブで開催され、オーストラリアのピーター・ファウラー選手(57)が優勝を飾った。また、スーパーシニアトーナメントも11月19日(土)、20日(日)同時開催され、中村忠夫選手が勝利を手にした。

私も、最終日は越生ゴルフクラブに行き、熱戦を観戦することができた。当日は早朝から霧が立ちこめ、開始時間になっても霧は晴れずに、開始時間が1時間遅れるなど、やきもきしたが、ピーター・ファウラー選手の最終日11アンダーという怒濤の快進撃を観ることができて、とても楽しかった。

記念に、越生ゴルフクラブの18ホールの夕日がきれいだったので、スコアボードとともに撮ってみた。

e0163127_16501492.jpg


e0163127_16503099.jpg



また、今日のデイリースポーツ、スポーツニッポンに「ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント」の記事が掲載された。

デイリースポーツ
e0163127_16505619.jpg



スポーツニッポン
e0163127_16512213.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-27 16:56 | 半田晴久

2017年度「ニュージーランド・オープン」が「ISPSハンダ」冠に - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


今日のサンケイスポーツに以下の記事が掲載された。

一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久会長(65)は10日、PGAツアー・オブ・オーストラレイジア主催の2017年度「ニュージーランド・オープン」(3月9日~12日、クイーンズタウン ミルブルック・リゾート、ザ・ヒルズ)に「ISPSハンダ」の名を冠し、単独タイトルスポンサーとして開催すると発表した。

「日本とニュージーランドの友好の架け橋となるトーナメントになるよう努力していきたい」と同会長。日本ゴルフツアー機構(JGTO)とのパートナーシップ契約を更新し、来年度の大会にJGTO所属選手が少なくとも25人出場することが確約された。



ISPSハンダとPGAツアー・オブ・オーストラレイジアの関係については、以前(2016-06-17 )のエントリーをご覧ください。

ISPSハンダと、PGAツアー・オブ・オーストラレイジアがパートナーシップを締結


e0163127_22215630.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-11 22:24 | 半田晴久

みすず学苑の広告は、「今年度の合格者・紙上ハロウィン」11月6日朝日新聞- ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


前回のみすず学苑の広告は、
みすず学苑の広告は、「今年度の合格者・みすず生は笑って咲く」6月4日朝日新聞


今回半田晴久学苑長は、ロックスター風の学苑長として登場。
学苑長はよく「11月は受験生にとって胸突き八丁の時」と言われる。
胸突き八丁とは、もとは、富士山頂上まであと八丁(約872メートル)の最後の険しい登り道のことであり、転じて、物事を成し遂げる手前の一番苦しいときをいう。

私も受験生の頃の年末は鬱屈とした日々を送っていた記憶があるが、すべての受験生がこの時期のプレッシャーに負けず頑張ってほしいと思う。


以下は、学苑長半田晴久氏のコメント

みすず学苑は生徒も講師も、ハローハローと言って
受験に勝つので、「ハローウィン」予備校だといえます。
だから、ハロウィンの頃は、
生徒も講師も仮装で盛り上がります。
クリスマスはツリーとケーキ、
講習や合宿はギャグで爆発します。
だから、皆楽しくて夢中で勉強します。
それで、難関に合格した生徒は、
「ぼくの大学が難関って、本当なんかん」
とギャグを言うのです。
みすず学苑に来れば、皆化けます。
普通の生徒がエリートに化けるのです。
安い株が、上場株になるようなものです。
これって、やっぱりハロウィンでしょう。


e0163127_17521945.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-06 17:54 | 半田晴久

「ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント」広告がサンスポに - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


今年もISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント&スーパーシニアが同時開催される。
昨年のシニアは、シニアデビュー2戦目の秋葉真一プロの初勝利。スーパーシニアは、ISPS専属契約の中山徹プロが勝利を飾った。
今年は、「YouTube LIVE」にて、3日間ライブ中継が実施されるもよう。各日朝8時から放送。

日にち:2016年11月18日(金)~20日(日)。スーパーシニアは19日、20日。
場所:越生ゴルフクラブ
主催:一般社団法人 国際スポーツ振興協会(ISPS)
主管:公益社団法人 日本プロゴルフ協会(PGA)
特別協力:越生ゴルフクラブ
運営協力:株式会社 ダンロップスポーツエンタープライズ

e0163127_22384065.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-05 22:38 | 半田晴久

「第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン」広告が朝日新聞に - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


外務大臣杯・文部科学大臣杯
2016「第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン チャンピオンシップ」
が3年ぶりに開催される。
~11ヵ国82選手が参加する。日本唯一・最大規模の国際試合~

日にち:2016年11月8日(火)
場所:森林公園ゴルフ倶楽部
主催:NPO法人 日本ブラインドゴルフ振興協会(JBGA)
公認:世界ブラインドゴルフ協会(IBGA)
特別協賛:一般社団法人 国際スポーツ振興協会(ISPS)
後援:外務省、スポーツ庁

e0163127_22481374.jpg


ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-03 22:49 | 半田晴久

「湯豆腐のように美味しい、国民のコンサート」記事がスポニチに掲載された - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


本日のスポニチに掲載された見出しは、
食と芸術への思いが募る秋
湯豆腐のような温かい日本歌曲熱唱
観客の心ほかほか


リードは、

東京芸術財団主催の第3回「湯豆腐のように美味しい、国民のコンサート!~日本歌曲の夕べ~」は27、29の両日、東京・新国立劇場で行われ、約2000人が来場した。ジャンルを超えた歌手・深見東州(65)が、秋になると聴きたくなる国民的名曲を熱唱した2日間。湯豆腐のようなぬくもりのある、懐かしい日本歌曲に満員の観衆は酔いしれた。




第1部
1.この道
2.早春賦
3.さくらさくら
4.みかんの花咲く丘
5.朧月夜
6.春が来た
7.夏は来ぬ
8.浜辺の歌
9.椰子の実
10.赤とんぼ
11.村祭り
12.夕焼小焼
13.紅葉
14.荒城の月

第2部
15.初恋
16.かごめかごめ
17.通りゃんせ
18.かあさんの歌
19.埴生の宿
20.故郷
21.富士山
22.雪の降る街を

アンコール
1.仰げば尊し
2.蛍の光
3.君が代
4.宵待草
5.埴生の宿
6.オー・ソレ・ミオ(29日のみ)


今回の第3回は深見東州氏とピアニストの木村裕平氏によるコンサートだったようだ。以前は、他のソリストやアルプス合唱団・東京少年少女合唱隊も出演していたので、今回から大きく舵が切られ、新たな方向性が打ち出されたもようだ。ちなみに第1回と第2回の概要は次のとおり。

●2014年10月6日に開催された「第1回 秋に燃ゆる国民のコンサート」は、「カルミナ・ブラーナ」、オペラのアリア、日本歌曲
出演は、
深見東州(バリトン)
大貫裕子(ソプラノ)
ジョン・ロングミュアー(テノール)
コナル・コード(バス)
高野秀峰(指揮)
木村裕平(ピアニスト)
アルプス合唱団・東京少年少女合唱隊


●2015年11月15日に開催された「第2回 秋に燃ゆる国民のコンサート」は、「メサイア」とアリア、カンツォーネ、日本歌曲
出演は、
深見東州(バリトン)
大貫裕子(ソプラノ)
ロリーナ・ゴア(ソプラノ)
タ二ア・フェリス(メゾソプラノ)
ジョン・ロングミュア(テノール)
高野秀峰(指揮)
木村裕平(ピアニスト)
アルプス合唱団・東京少年少女合唱隊

e0163127_22393616.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2016-11-02 22:45 | 深見東州