みすず学苑の広告は、「今年度の合格者・紙上ハロウィン」11月6日朝日新聞- ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


前回のみすず学苑の広告は、
みすず学苑の広告は、「今年度の合格者・みすず生は笑って咲く」6月4日朝日新聞


今回半田晴久学苑長は、ロックスター風の学苑長として登場。
学苑長はよく「11月は受験生にとって胸突き八丁の時」と言われる。
胸突き八丁とは、もとは、富士山頂上まであと八丁(約872メートル)の最後の険しい登り道のことであり、転じて、物事を成し遂げる手前の一番苦しいときをいう。

私も受験生の頃の年末は鬱屈とした日々を送っていた記憶があるが、すべての受験生がこの時期のプレッシャーに負けず頑張ってほしいと思う。


以下は、学苑長半田晴久氏のコメント

みすず学苑は生徒も講師も、ハローハローと言って
受験に勝つので、「ハローウィン」予備校だといえます。
だから、ハロウィンの頃は、
生徒も講師も仮装で盛り上がります。
クリスマスはツリーとケーキ、
講習や合宿はギャグで爆発します。
だから、皆楽しくて夢中で勉強します。
それで、難関に合格した生徒は、
「ぼくの大学が難関って、本当なんかん」
とギャグを言うのです。
みすず学苑に来れば、皆化けます。
普通の生徒がエリートに化けるのです。
安い株が、上場株になるようなものです。
これって、やっぱりハロウィンでしょう。


e0163127_17521945.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-11-06 17:54 | 半田晴久

「ISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント」広告がサンスポに - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


今年もISPSハンダカップ フィランスロピーシニアトーナメント&スーパーシニアが同時開催される。
昨年のシニアは、シニアデビュー2戦目の秋葉真一プロの初勝利。スーパーシニアは、ISPS専属契約の中山徹プロが勝利を飾った。
今年は、「YouTube LIVE」にて、3日間ライブ中継が実施されるもよう。各日朝8時から放送。

日にち:2016年11月18日(金)~20日(日)。スーパーシニアは19日、20日。
場所:越生ゴルフクラブ
主催:一般社団法人 国際スポーツ振興協会(ISPS)
主管:公益社団法人 日本プロゴルフ協会(PGA)
特別協力:越生ゴルフクラブ
運営協力:株式会社 ダンロップスポーツエンタープライズ

e0163127_22384065.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-11-05 22:38 | 半田晴久

「第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン」広告が朝日新聞に - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


外務大臣杯・文部科学大臣杯
2016「第13回ブラインドゴルフ ジャパンオープン チャンピオンシップ」
が3年ぶりに開催される。
~11ヵ国82選手が参加する。日本唯一・最大規模の国際試合~

日にち:2016年11月8日(火)
場所:森林公園ゴルフ倶楽部
主催:NPO法人 日本ブラインドゴルフ振興協会(JBGA)
公認:世界ブラインドゴルフ協会(IBGA)
特別協賛:一般社団法人 国際スポーツ振興協会(ISPS)
後援:外務省、スポーツ庁

e0163127_22481374.jpg


ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-11-03 22:49 | 半田晴久

「湯豆腐のように美味しい、国民のコンサート」記事がスポニチに掲載された - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


本日のスポニチに掲載された見出しは、
食と芸術への思いが募る秋
湯豆腐のような温かい日本歌曲熱唱
観客の心ほかほか


リードは、

東京芸術財団主催の第3回「湯豆腐のように美味しい、国民のコンサート!~日本歌曲の夕べ~」は27、29の両日、東京・新国立劇場で行われ、約2000人が来場した。ジャンルを超えた歌手・深見東州(65)が、秋になると聴きたくなる国民的名曲を熱唱した2日間。湯豆腐のようなぬくもりのある、懐かしい日本歌曲に満員の観衆は酔いしれた。




第1部
1.この道
2.早春賦
3.さくらさくら
4.みかんの花咲く丘
5.朧月夜
6.春が来た
7.夏は来ぬ
8.浜辺の歌
9.椰子の実
10.赤とんぼ
11.村祭り
12.夕焼小焼
13.紅葉
14.荒城の月

第2部
15.初恋
16.かごめかごめ
17.通りゃんせ
18.かあさんの歌
19.埴生の宿
20.故郷
21.富士山
22.雪の降る街を

アンコール
1.仰げば尊し
2.蛍の光
3.君が代
4.宵待草
5.埴生の宿
6.オー・ソレ・ミオ(29日のみ)


今回の第3回は深見東州氏とピアニストの木村裕平氏によるコンサートだったようだ。以前は、他のソリストやアルプス合唱団・東京少年少女合唱隊も出演していたので、今回から大きく舵が切られ、新たな方向性が打ち出されたもようだ。ちなみに第1回と第2回の概要は次のとおり。

●2014年10月6日に開催された「第1回 秋に燃ゆる国民のコンサート」は、「カルミナ・ブラーナ」、オペラのアリア、日本歌曲
出演は、
深見東州(バリトン)
大貫裕子(ソプラノ)
ジョン・ロングミュアー(テノール)
コナル・コード(バス)
高野秀峰(指揮)
木村裕平(ピアニスト)
アルプス合唱団・東京少年少女合唱隊


●2015年11月15日に開催された「第2回 秋に燃ゆる国民のコンサート」は、「メサイア」とアリア、カンツォーネ、日本歌曲
出演は、
深見東州(バリトン)
大貫裕子(ソプラノ)
ロリーナ・ゴア(ソプラノ)
タ二ア・フェリス(メゾソプラノ)
ジョン・ロングミュア(テノール)
高野秀峰(指揮)
木村裕平(ピアニスト)
アルプス合唱団・東京少年少女合唱隊

e0163127_22393616.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-11-02 22:45 | 深見東州

フォーブス ジャパンに掲載された半田晴久氏の記事 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「半田晴久 株式会社ミスズ代表取締役/世界に出て『個人対個人の信頼関係』を築く唯一無二のパーソナリティとは」がForbes JAPAN 2016年11月号 No.028に掲載された。

以下に見だしを追ってみる。

ビジネスのみならず多方面の分野で縦横無尽の活躍をする半田晴久氏。その活動を語るうえで欠かせない「世界的な人脈」はどのようにつくられるのか。



実業家をはじめとする多彩な顔、そのベースにある「世界的な人脈」



西洋人相手にはロジックをもって、大声で口数多くたくさん話す



世界では「個人対個人の信頼関係」をつくることが大切



経営者として尊敬されるための文化的な教養の高さが必要



半田晴久氏の「文化的な教養の高さ」については、相手がそれを驚き、そして驚きが尊敬に変わっていく様をうまくまとめた以下の説明がとてもすばらしい。スムーズに納得できる内容である。

半田氏は「西洋人の土台である文化を理解するために」、西洋芸術の最高峰であるオペラを学び、そこにとどまらずオペラ歌手としてデビューしており、各国の舞台に立ちタイトルロールを十数回演じている。西洋人を前に、イタリア語でオペラを歌えば「ブラボー!」となる。そして、西洋文化の象徴である油絵を描き、スポーツの共通言語であるゴルフにも造詣が深く、プロツアーも主催しているとなると、相手は、「普通の経営者ではない」と圧倒される。

そして、日本にやって来た彼らはさらに驚くことになる。半田氏は若い頃から書道、俳句、小説、日本画、能、茶道、華道を学び、いずれも看板をもらい、師範の免状を有している。「外国からのゲストが来ると、正装して能を舞い、笛を吹き、書を書いてみせ、お茶を点てて花を活け、英訳の詩集を渡す。こういう日本の伝統芸能や、日本食やワインの知識と経験を生かし、和牛や寿司の最高峰でもてなす。すると、大いに感動して喜ばれますよ」

そのような日本人の経営者は聞いたことがない。西洋、そして日本の芸術文化に精通し、言葉だけでなく自ら演じる教養の深さに、驚きは尊敬に変わる。



また、掲載された写真では、大事にしている腕時計が、左右両手につけられている。半田晴久氏の幸せそうな笑顔が印象的である。

e0163127_17303726.jpg


e0163127_17305382.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-10-29 17:34 | 半田晴久