天眼で常時、何かが見えるのはおかしい - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


本文には、「正神界の天眼通力は必要最小限のものであり、神様は人間の努力と精進を重んずるので、天眼通力が本人の精進努力に障るときは、お見せにならないのが本当だ」。また、「かすかにイメージの中でわかるというものであり、必要な時、必要なものだけ見えるというもの」とある。

ワールドメイトの星ツアーの時に、守護霊さんにお願いすると、微かにイメージの中でわかるという感じがする。これは、深見東州氏のお取り次ぎのお陰で、天眼通力が一時的に開けている状態なのであろう。


以下は深見東州氏の著書「神界からの神通力」より。
●どの通力も漏尽通力に帰結せねばならない

天眼通力というものが、どんなものであるのか解説しよう。ここでも、正と邪の天眼通力を区別しなければならない。

まず、正神界の天眼通力というのは、かすかにイメージの中でわかるというものであり、必要な時、必要なものだけ見えるというものである。常時見えているというものではない。

これに対して邪神界の天眼通力は、常時見えている。毎日霊眼で見える、しかもカラーではっきり見えるというのが特徴だ。

話が前後するが、すべての神通力についていえる大切な点をお話ししたい。それは、どの通力も漏尽通力に帰結しなければ意味がないということである。相手の気持ちがわかり、運命、宿命がわかり、天眼が見え、天耳が聞こえたとしても、その人の幸せにつながらなければ、何の意味もないのである。そう考えると、正神界から来る天眼通力が必要最小限のものだという理由がわかってくる。

また、神様は人間の努力と精進を重んずるので、天眼通力が本人の精進努力に障るときは、お見せにならないのが本当だ。どんなに美しい景色を見ても、絶えず地縛霊の気味悪い顔が見えるとなると、決して幸せな人生であるとはいえないからだ。



●邪神界の天眼はキツネが見せている

次に、天眼通力はなにが見せているかということについてお話ししよう。

正神界では、守護神などのいろんな神様が見せてくださる。一方、邪神界のほうは、ほとんどキツネが見せているのである。その中でも、千里眼の能力を持った人というのはだいたいが稲荷ギツネだ。稲荷ギツネが憑いている人というのは、千里眼が利く人なのである。

キツネには、野ギツネをはじめ金毛九尾、銀毛八尾、銀毛七尾というのがいて、尻尾の数が多いほど化け方が巧みであり、智恵もある。最高は九本だが、この金毛九尾というのは一見、正しい人のように、また、神様のように見せるのを得意とする。キツネはもともと頭の良い動物なので、非常に巧みに神様らしく見せたりする。

もう一つ天眼で多いのはヘビだ。ヘビが憑くと、キツネほどではないがカラーではっきり見える。よく、ボーッと白日夢のように見えたり、夢のお告げで見るというのはこれだ。また、守護神とか守護霊とか先祖だと名乗ってそれらしく夢で見せる。常時、夢のお告げを受けているというのは、ほとんどはヘビが憑いていると考えてよい。

人間性でみると、これみよがしに誇るというのは稲荷ギツネの性質である。気分がコロコロ変わる、ヒステリー気味で気性が激しい、プライドが高い、平気でウソをつく、というのも稲荷ギツネの性質である。霊視の利く霊能者で、こういう性質の人は、間違いなくキツネ憑きの霊能者であるといえよう。




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-10-10 21:02 | 神界からの神通力

ネアカ・スピリチュアル本の近日刊行予定の本 - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


今日の毎日新聞に深見東州氏の「ネアカ・スピリチュアル本」広告が掲載された。
広告によると、「深見東州の言葉シリーズ」として、次の2冊が近日刊行となっている。


●「ニャンでもやればできる」

深見東州 永遠の名著
「スーパー開運シリーズ」より
選び抜かれた名語録をカラー版で収録。
スーパー開運シリーズの入門として、
多くの人にお勧めする本。
かわいい猫の写真が、
名言とともにあなたの心を揺り動かす。
超お得な本。




●「犬も歩けば棒にオシッコ」

珠玉の名語録・深見東州の
「ザ・メッセージ The Message」が
カラー版で甦った!
心に響いて温かい、
力がわいてくる36のメッセージ。
かわいい犬の写真があなたを
ホッとさせる。
読んだ瞬間にあなたが変わる!




e0163127_16265627.jpg




ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-10-07 16:35 | 深見東州

神通力を霊能力、超能力と考える - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「神界からの神通力」は、深見東州氏の神霊シリーズ第一弾であり、「霊の巨大化理論」「霊の合体化理論」「霊の化身理論」「霊界基本法則」など、霊界と神霊の実態を知る上で、是非知らねばならない基本となる法則が随所に散りばめられている。


以下は深見東州氏の著書「神界からの神通力」より。
●六大神通力とは

一般に霊能者、霊能力といわれているが、神通力を霊能力あるいは超能力と考えたらいいだろう。

神通力には、①天眼通力(てんがんつうりき)、②天耳(てんに)通力、③自他(じた)通力、④運命(うんめい)通力、⑤宿命(しゅくめい)通力、⑥漏尽(ろじん)通力がある。これらがいわゆる六大神通力といわれるものである。

天眼通力とは、天眼、霊眼で見えること。たとえば、相手が何をしているか、将来のことを神様が霊眼で見せてくれることをいう。

天耳通力は、耳で神の意図がキャッチでき、人の聞こえないものが聞こえるというものだ。たとえば神様の声が聞こえ、神様の言うことがわかり、神霊とお話しができる。

自他通力は、読心術のことであり、相手の思っていることがすぐ読めるという通力。

運命通力は、運命を予知する力で、このころにはこういう運命になるということを当てる能力である。

宿命通力は、その人がどういう天命をもって生まれてきたのか、前世とどういう因縁があって、なぜこういう運命になったのかという前世、今世、来世のことがわかることだ。

そして、漏尽通力とは、人の悩み、苦しみ、さまざまな問題を解決する能力のことをいう。



●正神と邪神の見分けが大切

このように、霊能力にもいろいろあるわけだが、まず正(正神界)と邪(邪神界)の霊能力を区別して考えなければならない。この二種類を区別しないで摩訶不思議なことをやるから素晴らしいと信じたり、あこがれたりすると、知らず知らずのうちに大きな過ちを犯してしまう。

ここが一番大事なところである。霊的なことをする人は、必ず霊的なことで魔が入り、現実的な世界で生きる人は現実的な世界で過ちを犯す。理論でいく人には理論の魔が入るのである。ひとつの世界に偏すると、そこに魔が入って人を誤らせるものになるのである。したがって、霊能力が正神界から来たものか、邪神界から来たものかを判別することは非常に重要なことだといえる。

この正邪の区別をすることを、審神(さにわ)という。審神とは読んで字のごとく、神をつまびらかにするという意味である。その起源は、「古事記」に出ている武内宿禰(たけのうちのすくね)という人が、神功皇后に神がかりがあり、朝鮮征伐に行けと神旨があったとき、それを沙庭(さにわ)で正邪の判別をしたという故事に由来している。

審神の方法には二つあって、まず直感、霊感によって審神する方法。それから霊が言ってくる内容を理論、言調、文字の気などで冷静に検討して審神していく方法がある。これらの審神におけるポイントを頭に入れておかないと、ある程度の霊能力が備わってくると魔物に狙われて、正しいご神霊かどうか判別できず、結局、魔物に騙されて、誤った方向に行ってしまうことが多いのである。これは、一人で行う場合に特に間違いを起こしやすい。





ご来訪いただきありがとうございます。
ワールドメイトのブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-10-06 20:51 | 神界からの神通力

風土のエネルギーと神界が一体化している - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


「神社で奇跡の開運」の最後の項目は、山が多く細かいひだの日本風土と最奥にある神界が一体となって、内面的神界が奥深い日本人的発想を生み出したという難解な内容である。
何度も読み返しているが、また時々読みたくなる興味深いものだ。
著書をご一読あれ。


以下は深見東州氏の著書「神社で奇跡の開運」より。
●日本人の魂には奥深い多面的な咀嚼力がある

日本文化の情緒の流れを見ると、万葉時代の「まこと」から始まって、平安時代の「もののあはれ」「をかし」、南北朝、室町期にかけての「幽玄の美」、また安土・桃山時代の「わび・さび」および江戸時代の「いき」などと移り変わってきてはいるが、いずれも簡単に説明できないほどの含蓄がある情緒の格調なのである。日本人の情緒鑑賞力を構成している、歴史的に構築された因子であり、要素であるといえるだろう。

これは、神界の奥ひだが深い広がりをもっているということであり、日本人の魂が、それだけ奥深い多面的な咀嚼要素をもっているということである。

だから、シンプルでわかり易い思考回路しか持たない欧米人からは、複雑怪奇で難解な思考と行動様式を持った民族であると思われるのだ。日本の神界がなぜそうなのかというと、風土の持つエネルギーがそのベースとなって、宇宙のかなたにある、最奥神界のありさまを写し出しているからに他ならない。山が多く、非常に細かいひだになっている日本の風土。その風土のエネルギーが神界と一体となって、日本人的な発想の素因が生まれてきた。

そもそも、意志と想念の世界こそが霊界である。その意志と想念の奥にある情緒のひだが深いということは、それだけ日本人の内面的神界が奥深いということであり、日本国の神霊界の奥が、深く緻密に構成されているということになるのである。



●風土のエネルギーが無形の感化力を与え続ける

神道とは何かと問われたら、私は「主神の経綸によって造られた風土に、主命あって生きているご神霊と、そのエネルギーと心と知恵とを合体させて、共に生成化育進歩発展の和道を天皇と共に歩み、主神の大御心を人間社会の上に実現させんとする日本人の霊的本能の発露である」と、定義した方がわかりやすいと思う。

先天的風土に根ざした神霊エネルギーや、その霊妙さそのものをいうのであるから、理屈を超えているものだ。理屈を超えているからこそ、老荘思想が根ざし、禅宗が根ざし、浄土宗が根ざし、儒教が根ざし、日本の伝統文化と芸術観にこれらの思想が深く浸透したのである。こういう無形の霊的な素地のないところに、特定の外来文化のみが根ざすということはあり得ない。

これらの上に、禅の無相無門の大法と道教の無為自然の清徳霊妙なる味わいが世界一よく溶け込み、なじんでいる文化と風土そのもの、そしてその風土における無形と神意、霊意のエネルギーの発露こそが「惟神の道」にほかならないのである。

では、なぜ日本文化や日本の宗教史の中に根ざしたり、なじんだりするのか。

それは、日本という国の体質に合うからである。体質とは何か。風土と地理的条件、およびそこに奔流として流れ出ている無形の神気、妙気と、神霊界の意志と波動に育まれた日本人の霊性なのである。

ところで、最奥神界の意志と波動は神霊磁場を形成して、それが日本神霊界というものを醸造するのであるが、それは神霊域プラス神々と仏と人々の霊体の大活躍の舞台を形成していると思ってよい。これらが総合して、私達に無形の感化力を与え続けているのである。






ご来訪いただきありがとうございます。
ワールドメイトのブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-09-30 22:09 | 神社で奇跡の開運

ウィリアム王子をパトロンとするTuskとISPSハンダがパートナーシップ - ワールドメイトの備忘録

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>


夕刊フジに掲載された記事によると、22日、東京都新宿区のパークハイアット東京で、TuskとISPSハンダのパートナーシップによる「タイム・フォー・チェンジ」のレセプションが開かれた。

Tuskは、英国のウィリアム王子をパトロンとする慈善団体で、アフリカの野生動物の保護などの活動を行っている。ISPSハンダは、スポーツ振興団体で、南アフリカのサッカーチームのスポンサー活動を通じて野生動物保護についてTuskと理念を共有し、世界規模の協力が不可欠として、世界に賛同を求めるためにレセプションを開いた。
e0163127_18461237.jpg

9月25日夕刊フジ



以下は、ISPS Handaさんのツイート、リツイート
















ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

# by 2nike | 2016-09-24 18:58 | 半田晴久