スポニチのゴルフ天国で、「ISPSハンダグローバルカップ」を4週にわたって紹介

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる。>



今日のスポニチ「ゴルフ天国」コーナーに6月25日開幕の「ISPSハンダグローバルカップ」の記事があった。
今シーズン、国内男子ツアーに新たに加わった「ISPSハンダグローバルカップ」(6月25~28日、山梨・ヴィンテージGC)には、海外ツアーを主戦場とするビッグネームが参戦を予定している。
このコーナーでは、大会の見どころを4週にわたって紹介するとのこと。
まず第1回目の今日は、2011年のマスターズ覇者、シャール・シュワーツェル(30=南アフリカ)

e0163127_14114781.jpg

by 2nike | 2015-05-28 18:10 | 半田晴久
<< グローバル・オピニオン・サミッ... 世界の若い議員と語り合うグロー... >>