「深見東州の武道館単独コンサート」にジョー・リン・ターナー氏の推薦文

今日の読売新聞に掲載された「深見東州の武道館単独コンサート」の広告

コンサートの正式名称を省略せずに書くと、
「深見東州の武道館単独!老若ニャンニャ、好みのアレレ、音楽のジャンル・ダルクに関係なく、チャメチャメ楽しいコンサート!」
2015年9月19日(土)
17:30開場 18:30開演
日本武道館で行われます。

ジョー・リン・ターナー氏(「ディープ・パープル」、「レインボウ」の元ボーカル)の推薦文によると、

「初めて半田氏の歌を聴いたとき、深みのある豊潤な声な声と、完璧な音程に驚嘆しました。じっくり聴くと、彼が歌詞とメロディーにこめる、深く繊細な情感が伝わってきます。それはまさに、彼が「本物の歌手」である証だと思います。彼は、歌い手に必要な要素をすべて融合し、一つ一つの歌を、本来歌われるべき表現で、リスナーに届けます。私は、半田氏の熱烈なファンです。」


この推薦文を読めば、他に推薦文を書いているマイケル・ボルトン氏、小林旭氏と同じように、ジョー・リン・ターナー氏も深見東州氏と親交を深めているのがわかります。深見東州氏の歌やそれに関係する全ての人への細やかで深い愛情は、多くの人を惹きつけて離さない大きな人間的魅力になっているように思います。


e0163127_23104722.jpg

7月28日 読売新聞
by 2nike | 2015-07-28 23:15 | 深見東州
<< 「ハナがあるね」のルーツは「風... みすず学苑の縄文太郎には、縄文... >>