第4回東京国際コンサートの記事が東京スポーツに掲載された

東京スポーツは具体的な描写が多いので、読んでいてその時の情景が蘇ってくる。
深見東州氏とエステ氏のオープニングの場面は、
”オーケストラの待つステージにまず姿を現わしたのは深見とエステ。(略)そんな豪華な顔合わせによるオープニングは、歌劇「ドン・ジョバンニ」から「お手をどうぞ」。実際に手を取り合って歌う2人の姿は、まさに”オペラ”そのものだった。”

また、ドミンゴ氏の描写は、歌に込めた情感や会場の雰囲気が伝わってくる。
”歌劇「アンドレア・シェニエ」から「国を裏切るもの」でフランス革命下の男女が繰り広げる悲恋を表現した。”
”ラストソングのステージに上がったのはドミンゴ。別れをテーマにした「愛する人よ、我が命よ」を歌う姿は、まるで実際に観客との別れを惜しむようだった。”

みだし

4年ぶり来日 3大テノール ドミンゴ
深見らと熱唱 世界基準オペラ
2人の美貌ソプラノ歌姫も美声披露
東京国際フォーラムをクラッシックの聖地に変えた
5000人大観衆を魅了 あまりの美しさに涙する者も続出!


リード

世界最高峰のオペラが、東京をクラッシックの聖地に変えた。先日、東京国際フォーラムで行われた「第4回東京国際コンサート」に3大テノールの一人であるプラシド・ドミンゴが出演。日本屈指のバリトン深見東州やソプラノ歌手のヴァージニア・トーラ、ミカエラ・エステとともに、4年ぶりにその歌声を披露した。



e0163127_17251830.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログ村のランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ
by 2nike | 2015-08-31 17:25 | 東京国際コンサート
<< 日刊スポーツは、第4回東京国際... 面倒くさいという心を克服した後... >>