第2回「秋に燃ゆる 国民のコンサート!」の記事がスポーツ紙に掲載された。

<ワールドメイトのリーダー(教祖)、深見東州(半田晴久、戸渡阿見)氏は、万能の活動と、ギャグ爆発の性質から、「出口王仁三郎2世」や「宗教界のギャグ王」とも呼ばれる>

11月20日 サンケイスポーツ
見出しは、

「第2回秋に燃ゆる 国民のコンサート!」
ハレルヤ大合唱
深見東州氏と大貫裕子氏ピアノ伴奏で童謡や唱歌披露
国立オペラ・オーストラリアから3人参加 ソロパートでそれぞれ持ち味を発揮


リードは、

懐かしい日本の歌曲と、ヘンデル作曲のオラトリオ「メサイア(救世主)」、そしてオペラの名曲の数々が融合したコンサート『第2回秋に燃ゆる 国民のコンサート!』が15日、東京・初台の新国立劇場で開催された。日本屈指のバリトン歌手、深見東州氏(64)をはじめ、ソプラノの大貫裕子氏、国立オペラ・オーストラリアから招いた3人の若手実力派と、設立21周年を迎えるアルプス合唱団による”秋の宴”を観客は心ゆくまで楽しんだ。



e0163127_23343283.jpg


11月20日 日刊スポーツ
主な見出しは、

深見東州氏 歓喜のハレルヤ


e0163127_23345518.jpg


11月23日 スポーツニッポン
主な見出しは、

日本屈指のバリトン歌手 深見東州熱唱
響き渡る美声に観客興奮
新国立劇場に”高揚の秋”


e0163127_233511100.jpg



ご来訪いただきありがとうございます。
ブログのランキングボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
ワールドメイトへ

by 2nike | 2015-11-23 23:41 | 深見東州
<< 潜在する能力は、自己の内側を静... 目標とは、とりあえず立てるもの。 >>